デスクワーク向きな筋トレグッズ特集はコチラ!

下半身を鍛える筋トレ器具&グッズおすすめ9選

19 min 245 views

この記事は、
・下半身を鍛える筋トレ器具やグッズのおすすめ商品を知りたい
・下半身を鍛える筋トレアイテムにはどんなものがあるのか知りたい
・自宅で下半身を鍛えられる筋トレグッズを探している
という人に向けて書きました。

体全体をバランスよく鍛えるために、下半身の筋トレは欠かせません。

しかし、いざ筋トレを始めるとなると「下半身を鍛える筋トレグッズって何があるんだろう?」と悩んでしまう人も多いでしょう。

そこで本記事では、下半身を鍛える筋トレ器具&グッズのおすすめ商品を9つピックアップして紹介します。

主に自宅で使える筋トレグッズを紹介するので、記事を読めば自分にぴったりの商品が見つかるはずです。

マイキー

マイキー

大きな筋肉が集中している下半身を鍛えると基礎体力やトレーニングの質が上がります。
この記事を読んだら早速下半身の筋トレを開始しましょう!

下半身を鍛える筋トレ器具&グッズおすすめ9選

それではさっそく、下半身を鍛える筋トレ器具&グッズのおすすめ9選を紹介します。

マイキー

マイキー

ながらトレーニングができる器具や本格的な筋トレができるグッズまでピックアップしました!

ダンベル

まず紹介するのは、筋トレの定番グッズともいえるダンベル。

上半身を鍛えるイメージを抱きがちなダンベルですが、実は下半身の筋トレにも使えます。

ダンベルを使った代表的な下半身トレーニングは、ダンベルスクワット・ダンベルデッドリフト・ダンベルステーショナリーランジなど。

ダンベルトレーニングは、大腿四頭筋やハムストリングスをはじめ、下半身全体を鍛えられるのが特徴です。

使い方の幅が広く、動きや体の向きを変えればさまざまな部位を鍛えられますよ!

もちろん下半身だけでなく、上半身を鍛えることも可能。

サイズが小さいので自宅でも使いやすく、価格も2,000~5,000円程度で購入できます。

なかにはバーベルとして使えるダンベルもあるので、チェックしてみてくださいね。

バランスボード

バランスボードは、円盤やスケートボードのような形をしたボードの上に乗り、体を鍛える筋トレアイテム。

主に体全体の体幹を鍛えられる他、バランス感覚も養えます。

足を軸にしてバランスを取るので、とくに下半身を鍛えたい人にはおすすめの商品です。

使い方は、ボードの上に乗ってバランスを取るだけと簡単。

腕立て伏せやプランクなど、他のトレーニングと組み合わせて負荷を強くするといった使い方もできます。

価格は1,000~3,000円前後のものが多く、気軽に購入できるのもうれしいポイント。

テレビを見ながらなど、空いた時間を有効活用して下半身を鍛えたい人にもぴったりです。

バーベル

しっかり負荷をかけて下半身を鍛えたい人は、バーベルを検討してみてはいかがでしょうか。

気軽に使えるグッズに比べると購入するハードルはやや高めですが、重量を調節しながら使えるため、高重量のトレーニングを行えるのが魅力です。

下半身を鍛えるならバーベルスクワットがおすすめで、大腿四頭筋や腸腰筋群など脚前面の筋肉を中心に、下半身全体の筋肉を鍛えられます。

他にも、デッドリフトなら背中や腕とあわせて、太もも全体の筋力アップが可能。

バーベルヒップスラストという種目なら、大臀筋やハムストリングスなどを鍛えるのに効果的です。

メニューによって使い方は異なりますが、たとえばバーベルスクワットならバーベルを肩に担ぎ、腰を下ろすようにしてトレーニングを行います。

バーベルとウエイトプレートがセットになっている商品の場合、価格の目安は10,000~40,000円程度です。

ただし、バーベルを使うトレーニングは基本的に、バーベルラックやトレーニングベンチも必要になります。

バーベル単体でもトレーニングできないわけではありませんが、安全面や使いやすさを考えると、他の補助アイテムもあわせて購入しておくのが無難です。

アンクルウエイト

アンクルウエイトは、足首に巻きつけることでウォーキングやランニングなどのトレーニング効果をアップしてくれるアイテム。

アンクルウエイト単体で下半身を鍛えるというよりは、他のトレーニングの効果を上げるサポートアイテムとして役立ちます。

重量が重ければ重いほど負荷も上がり、太ももやふくらはぎなど下半身全体を鍛えるのに効果を発揮。

負荷が強まれば効率的に脂肪を燃焼できるため、ダイエット中の人にもうってつけの商品です。

足首に装着して使う他、手首に巻きつけたり、長さがあるタイプなら腹部に装着したりといった使い方もできます。

価格は1,000~3,000円程度のものが多く、他の筋トレグッズと比べて低価格で購入できるのもうれしいですね!

ケトルベル

ケトルベルは、持ち手がある砲丸のような筋トレグッズで、腕で持ちながら動かしたりバランスを取ったりすることで体を鍛えます。

主に上半身を鍛えるのに効果的なアイテムですが、ワイドスクワットなどを行えば下半身の筋肉強化にも効果を発揮。

他にも、軽くしゃがんだ状態からケトルベルを両手で持ち上げるような動作を行う「スイング」というトレーニングでは、大臀筋やハムストリングスを鍛えられます。

使い方は、ケトルベルを両手でもって負荷をかけたり、ケトルベルを床に置いた状態で体重をかけたりなど、メニューによってさまざま。

体幹を鍛えるときにも活躍するので、幅広いメニューを行いたい人は購入を検討してみるといいでしょう。

重量にもよりますが、ほとんどの商品は2,000~4,000円程度で購入できます。

バランスボール

体幹トレーニングをするのに最適なグッズとして知られるバランスボール。

いろいろな使い方ができる商品ですが、実は下半身を鍛えたいときにも活躍してくれます。

たとえば、横を向いた状態で行うボールサイドレッグレイズは、太ももやお尻周りの筋肉を鍛えるのに効果的です。

バランスボールの上に乗り太ももを引き寄せるトレーニングでは、内転筋を鍛えられます。

バランスボールの上でスクワットをする難易度の高いトレーニングなら、下半身全体の筋肉も刺激できますよ!

もちろん特定の部位や体幹だけでなく、ストレッチをする際にも使えます。

価格は2,000~5,000円ほどで売られていることが多いですが、サイズや付属品によっても価格に差があるので、予算とも相談しながら検討してみるといいでしょう。

トレーニングチューブ

トレーニングチューブは、伸ばしたり引っ張ったりすることで筋肉を鍛えられるのが特徴。

他の器具を使うことなく、1本でさまざまなトレーニングが行えます。

チューブを足で踏んだ状態で行うチューブスクワットは、大腿四頭筋を中心にした下半身全体を鍛えるのに効果的です。

他にも、チューブを両足に引っかけて足を伸ばすチューブレッグプレスや、後ろ足でチューブを引っ張るチューブレッグカールなど、さまざまなトレーニングが可能。

下半身だけでなく、腕・胸・背中といった上半身を鍛えるグッズとしても活用できます。

チューブ自体がコンパクトで軽いため、持ち運べるのもうれしいポイントです。

価格は1,000~3,000円程度で販売されています。

フォームローラー

フォームローラーは、体のコリやむくみを解消できるアイテムとして人気を集めています。

自分の体重で負荷をかければ、体幹や筋肉を鍛えることも可能です。

たとえば、フォームローラーの上に足を乗せてブリッジのような体勢になるヒップブリッジは、大臀筋やハムストリングスを鍛えられます。

プランクの体勢から、足を使ってフォームローラーを前に転がすトレーニングなら、腹筋やお尻周りの筋力アップに効果を発揮。

筋肉痛が酷いときなどは、太ももやふくらはぎのマッサージアイテムとしても使えますよ。

価格は1,000~4,000円前後のものが多く、低価格で入手できるのも魅力です。

高重量のトレーニングにはあまり向いていないものの、筋トレだけでなくマッサージやストレッチもできるアイテムを探している人にはおすすめの商品です。

内転筋トレーニング 内股シリーズ

こちらはやや変わり種ですが、内転筋を鍛えるのに特化した筋トレグッズです。

内ももの間に挟み、足を閉じることで内転筋を鍛えます。

両手で持って左右から閉じるような動作を行えば、大胸筋を鍛えることも可能です。

レギュラー・ハードなど負荷を選べるので、しっかりと筋肉を鍛えたい人は負荷の強いタイプを選ぶといいでしょう。

他にも同じようなシリーズがいくつかあり、価格帯はおよそ1,000~2,000円程度です。

座ったままの状態で内転筋を鍛えられるため、誰かと話しながらやテレビを見ながらなど、ながら筋トレをしたい人にもおすすめですよ。

まとめ

下半身を鍛える筋トレグッズは、さまざまなものがあります。

ダンベルトレーニングチューブなど幅広い使い方ができるアイテムの他、バランスボードバランスボールなど、主に体幹を鍛えられるアイテムを選ぶのもいいでしょう。

高重量のトレーニングをしたいなら、バーベルを検討してみるのもおすすめです。

ここで紹介した筋トレグッズを参考にしながら、ぜひ自分に合った商品を見つけてくださいね!

マイキー

マイキー

「上半身も鍛えたい!」という人は以下の記事が参考になりますよ!

関連記事