デスクワーク向きな筋トレグッズ特集はコチラ!

ディップススタンド・ディップスバーのおすすめランキング6選【初心者〜上級者向けまで】

16 min 13,666 views

この記事は
・ディップススタンドやディップスバーが欲しいけど、どれを買えば良いかわからない
・自分に合ったディップススタンドがなかなか見つからない
・逆三角形の上半身を手に入れたい
という人に向けて書きました。

ディップススタンドとは、上半身を効果的に鍛えられる筋トレ器具です。
(ディップスタンドやディップスバーとも呼ばれています。)

上半身のスクワットと呼ばれるディップスが自宅で気軽にできるため、ホームトレーニーから注目を浴びています。

しかし、種類が多すぎて選ぶのが大変ですよね。

そこで今回は、ディップススタンドの選び方とおすすめの商品をランキング形式で紹介します。

記事の後半ではディップススタンドのQ&Aも載せているので、最後まで読んでくださいね。

ゆーや

ゆーや

結論からお伝えすると、イチオシの製品はリーディングエッジの2WAY ディップスタンドです。
ハイ&ローの2WAY仕様で、ディップス以外のトレーニングでも活躍しますよ。

ディップススタンドの選び方

ディップススタンドを選ぶ際に押さえておきたいポイントは、耐荷重・サイズ・機能の3つです。

ゆーや

ゆーや

それでは一つずつ解説していきます。

耐荷重

ディップススタンドを選ぶ上ではじめに確認して欲しいのが耐荷重です。

ディップススタンドでのトレーニングは自重を使ったハードなものが多く、体重以上の負荷がかかります。

そのため、できるだけ高重量に対応できるものを購入した方がベター。

自分の体重プラス30〜50kgほど重いものを選ぶと良いでしょう。

サイズ

次にディップススタンドのサイズをチェックしてください。

ディップススタンドはチンニングスタンドやパワーラックに比べてコンパクトなものが多く、ホームジムに最適です。

しかし、実際に部屋に置いてみると意外と大きいことに驚く人が多いのも事実。

購入前は必ず置き場所を確保し、あらかじめサイズを採寸しておくと良いでしょう。

機能

最後に機能面も見ておきましょう。

ディップススタンドには様々な種類があり、プッシュアップバーとして使える製品や高さが調整できる製品があります。

値段は高くなりますが、自宅でも本格的に鍛えたいという人は機能が充実しているものを選ぶと良いかもしれません。

すでにチンニングスタンドやパワーラックをすでに持っている人は、ディップススタンドの機能がついている場合があるので、事前にチェックしてみましょう。

ディップススタンドのおすすめランキング6選

それではさっそく、おすすめのディップススタンド6選を紹介します。

商品名価格耐荷重サイズ対象レベル
1位:リーディングエッジ
2WAY ディップスタンド
7,980〜8,680円120kg42×73×34.5〜39.5、80〜90cm初心者・中級者
2位:STEADY
ディップススタンド
8,480円150kg‎72×48.5×24.0~82cm初心者・中級者
3位:EASY CHANGE
ディップスタンド
5,580円180kg79/89×55×40cm初心者・中級者
4位:バランスフロム
ディップスタンド
40,093〜50,239円約226kg93.22×34.54 ×13.21cm中級者・上級者
5位:プロソースフィット
ディップスタンドステーション
8,036〜31,260円181kg61×79〜89cm中級者・上級者
6位:FIELDOOR
ディップススタンド
10,100円150kg50.5×93×35〜90cm初心者・中級者

1位:リーディングエッジ 2WAY ディップスタンド

リーディングエッジの2WAY ディップスタンドは、機能や価格、使いやすさなど総合的に見て非常に優れた製品

特に、ハイ&ローの2WAY仕様でプッシュアップバーとしても使えるのが魅力的です。

また、デザイン性が高いため、見た目にこだわりのある人にもおすすめ。

ホワイトとブラックの2色から、好きなカラーを選ぶことができます。

価格もリーズナブルなので、買って後悔はないでしょう。

詳細情報

・価格:ホワイト7,980円、ブラック8,680円
・耐荷重:120kg
・サイズ:42×73×34.5〜39.5、80〜90cm
・対象レベル:初心者・中級者

2位:STEADY ディップススタンド

アニメ「範馬刃牙」とコラボしたり、男性向けの健康雑誌「Tarzan」に取り上げられるほど人気のブランド「STEADY」が手がけるディップススタンドはメリットが多いのが特徴です。

独自の技術開発により、ディップススタンドでありがちなガタつきを軽減。

思う存分、トレーニングに励むことができます。

また、グリップが握りやすい点や軽量で女性一人でも簡単に持ち運べる点、3段階で高さ調節ができる点など嬉しいポイントが満載。

プロトレーナーによる解説動画もあるので、筋トレ初心者でも使いこなせます

詳細情報

・価格:8,480円
・耐荷重:150kg
・サイズ:72×48.5×24.0~82cm
・対象レベル:初心者・中級者

3位:EASY CHANGE ディップスタンド

EASY CHANGEのディップスタンドは、価格重視の人にぴったり。

1万円前後のディップススタンドが多い中、5,580円とリーズナブルな価格で手に入れることができます。

また2年間の修理保証サービスが付いているため、安い製品は品質が不安だという人でも安心。

基本的な機能しか付いていないものの、値段以上の価値が感じられるディップススタンドです。

詳細情報

・価格:5,580円
・耐荷重:180kg
・サイズ:79/89×55×40cm
・対象レベル:初心者・中級者

4位:バランスフロム ディップスタンド

バランスフロムのディップスタンドは珍しい一体型タイプです。

約226kgまで対応している頑丈なスチール製で、耐久性抜群。

ウエイトベストやディッピングベルト、リスト・アンクルウエイトなどで高い負荷をかけたい人にうってつけです。

ただし、他のディップススタンドに比べて価格が高いのがデメリット。

筋トレ中級者から上級者に向いています。

詳細情報

・価格:イエロー40,093円、ブラック50,239円
・耐荷重:約226kg
・サイズ:93.22×34.54 ×13.21cm
・対象レベル:中級者・上級者

5位:プロソースフィット ディップスタンドステーション

プロソースフィットのディップスタンドステーションは、面倒くさがりな人にもってこいの製品です。

素早く組み立てや分解ができるため、準備や収納が非常に楽なのが利点。

トレーニングが億劫になる原因を一つ取り除けます。

また、Amazonで1,000件以上のレビューがあるにもかかわらず、星5つ中4.6と高評価を獲得。
(2023年1月27日時点)

信頼できる製品であることがわかります。

ブラック・イエロー・レッドの3色展開ですが、カラーによって価格が異なるので注意してくださいね。

詳細情報

・価格:ブラック8,036円、イエロー8,550円、レッド31,260円
・耐荷重:181kg
・サイズ:61×79〜89cm
・対象レベル:中級者・上級者

6位:FIELDOOR ディップススタンド

FIELDOORのディップススタンドは、5段階調整できる製品。

身長やトレーニングに合わせて高さを調整できるのが長所です。

また、重ねて収納ができるため、場所を取らないのも嬉しいポイント。

ホームジムのスペースが狭い人に最適です。

詳細情報

・価格:10,100円
・耐荷重:150kg
・サイズ:50.5×93×35〜90cm
・対象レベル:初心者・中級者

ディップススタンドに関するQ&A

ここからは、ディップススタンドに関するよくある質問に答えていきます。

ディップススタンドに代用品はある?

ディップススタンドの代用としてよく使われるものとして、トレーニングベンチやイス、テーブルなどが挙げられます。

しかし、ディップススタンドよりも非効率で怪我をする可能性もあるため、あまりおすすめできません。

安いものなら5,000円程度で手に入るので、代用品でなくディップススタンドを購入するのがベターです。

ディップススタンドは自作できる?

ディップススタンドは単管パイプなどで自作できます

ただし材料費や手間を考えると、買った方が早いというのが正直な意見です。

どうしてもDIYしたい場合、YouTubeやブログで作り方を紹介している人もいるので、参考にしてみてください。

ディップススタンドの使い方は?

ディップススタンドは基本的にディップスという種目を行うときに使います。

基本的な使い方は以下の通りです。

  1. ディップススタンドを両手で握って腕を立て、両足をクロスする
    (両足は軽く曲げた状態にして浮かせてもOK)
  2. 肘をゆっくりと曲げながら体を下げる
    (上半身を少し前傾させるのがポイント)
  3. 限界まで体を下げたら1~2秒キープし、最初のポジションに戻る

これを繰り返し行うだけです。

文字だとわかりづらい場合、動画を視聴してみてください。

ディップススタンドでできるおすすめの筋トレメニューは?

ディップススタンドでできるおすすめの代表的な筋トレメニューは、ディップスや懸垂、プッシュアップです。

この3種目に慣れたら、変化系ディップスやレッグレイズ、ブルガリアンスクワットなどにも挑戦してみましょう。

詳しくは、STEADYの動画を参考にしてください。

ディップススタンドでどんな効果が得られる?鍛えられる部位は?

ディップススタンドは上半身を鍛える効果があります。

具体的には、胸や腕、肩が鍛えられます。

また、種目によっては全身鍛えることも可能です。

ディップススタンドは手入れが必要?

ディップススタンドは特別な手入れは不要です。

汗や汚れが気になる人はタオルなどで乾拭きすると良いでしょう。

水やアルコールを利用するのもありですが、素材によっては傷めてしまう可能性もあるので、事前に販売元に確認してください。

ディップススタンドを売っている場所は?

Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどで販売されています。

一部のスポーツ用品店やホームセンター、家電量販店でも取り扱いがあるので、直接商品を見てから購入を決めたい人は訪れてみると良いでしょう。

まとめ

ディップススタンドがあれば上半身はもちろん、使い方によっては下半身も鍛えることができます

プッシュアップバーとして使えるものや人気ブランドが手がけるもの、リーズナブルなものもあるので、自分の好みに合わせて選んでくださいね。

ゆーや

ゆーや

この記事の中でどれか一つ選ぶなら、間違いなく、リーディングエッジの2WAY ディップスタンドです。
機能・デザイン・価格、全てにおいて満足できますよ。

関連記事