美女トレーナーが在籍する男性向けパーソナルジム特集

アンクルウエイトのおすすめランキング10選!【足首に巻くだけで重さを加えられる人気の筋トレグッズ】

26 min 2,207 views

この記事は、
・アンクルウェイトがほしいけど、どれが自分に合っているかわからない
・筋トレや運動の効果を上げられるアイテムがほしい
・アンクルウェイトの選び方を知りたい
という人に向けて書きました。

足首につけるだけで、ウォーキングや筋トレのトレーニング効果を上げられるアンクルウエイト。

別名「パワーアンクル」とも呼ばれ、日々行うトレーニングの負荷を高めたいときに便利なアイテムです。

とはいえ、いろいろなメーカーがアンクルウェイトを販売しており、どれを買うべきか迷いますよね。

そこで今回はアンクルウエイトの選び方と、おすすめの商品10選を紹介します。

ゆーや

ゆーや

記事を読めば自分に合ったアンクルウェイトが見つかるので、ぜひ参考にしてください。

アンクルウエイトの選び方

アンクルウエイトを選ぶ際に押さえておきたいポイントは、重り・生地の素材・ベルトの長さの3つです。

ゆーや

ゆーや

それでは一つずつ解説していきます!

重りの重量は何kgか?

アンクルウエイトを選ぶ上で最も大切なのは、重りの重量です。

何kgの重りを選ぶかによって、トレーニング時にかけられる負荷や強度が決まります。

筋トレ初心者が購入する場合は、0.2〜0.5kg程度の軽めのものから始めるのがおすすめ。

逆に、ある程度筋トレに慣れている人は、軽すぎると物足りなさを感じることがあるので、1kg以上の重いものを選びましょう。

もし、自分に何kgの重りが合っているかわからない場合は、重りの数と重量を何段階かで調節できるものを選ぶといいですよ。

生地に使っている素材は何か?

生地の素材を確認するのも、選び方のポイントの一つ。

というのも、画像のように素材によって特徴が大きく異なります。

他にも様々な素材があるので、自分にどの素材が合うかを確認してから購入してください。

ベルトの長さはどのくらいか?

最後に、アンクルウエイトのベルトの長さも見ておきましょう。

ベルトはできるだけ長めの方がおすすめ。

その理由は、長ければ長いほど以下のようなメリットがあるからです。

  • アンクルウエイトの締め付け具合やフィット感を調節できる。
  • 二重で留められるので、トレーニング中の安定感が増す。

アンクルウエイトの一般的なベルトの長さは20~30cm程ですが、商品によってはさらに長いものもあります。

「ベルトを2重にして使いたい」「アンクルウエイトのずれを気にせずトレーニングに集中したい」という人は、できるだけベルトが長い商品を選んでください。

アンクルウエイトのおすすめランキング10選

それではここから、アンクルウェイトのおすすめランキングを紹介します。

商品名価格重さおもりの素材生地の素材ベルトの長さ
1位:YAKIDA
アンクルウェイト
3,099円0.5~3kg極小鉄玉ネオプレン
2位:Amazonベーシック
アンクルウェイト
1,708円2.3kgナイロン
3位:KATYOU
アンクルウェイト
2,630円0.5~3kg極小鉄玉スパンデックス20~29.5cm
4位:PROIRON
アンクルウエイト リストウェイト
2,499円0.5~2kg鉄粒ナイロン26~34cm
5位:AIFY
アンクルウェイト
2,380円0.3~4kgネオプレン29.5cm
6位:リーボック
アンクルウェイト
2,791円0.5~1.5kg砂鉄ネオプレン
7位:adidas
アンクル/リストウェイト
3,152円0.5~1.5kgポリアミド
8位:グロング
アンクルウエイト
1,480円0.5~2kgPUレザー、スパンデックス
9位:ナイキ
アンクルウェイト
5,265円0.45~2.27kgDRI-FIT
10位:Sportneer
アンクルウェイト
1,990円0.4~1.6kg砂鉄ネオプレン31.5cm

1位:YAKIDA アンクルウェイト

YAKIDAのアンクルウェイトは、耐久性・伸縮性に優れたネオプレン構造を採用しているのが特徴です。

体の動きに合わせて素材が伸縮するので、あらゆるスポーツシーンで活躍します。

足首用の重りは、0.5~3kgまで選択可能。

カラーはオレンジとブラックがあり、年齢や性別を問わずおすすめの商品です。

詳細情報

・価格:3,099円
・重さ:0.5~3kg
・おもりの素材:極小鉄玉
・生地の素材:ネオプレン
・ベルトの長さ:-

2位:Amazonベーシック アンクルウェイト

コスパ重視の人におすすめなのが、Amazonベーシックのアンクルウェイトです。

Amazonブランドなだけあり、2,000円以下の低価格で購入できます。

ポケット部分を取り外せば、重さの調節も可能です。

黒をベースにしたシンプルなデザインのため、家以外の場所でも使いやすいでしょう。

詳細情報

・価格:1,708円
・重さ:2.3kg
・おもりの素材:砂
・生地の素材:ナイロン
・ベルトの長さ:-

3位:KATYOU アンクルウェイト

極小鉄玉を重りに使っている、KATYOUのアンクルウェイト。

通気性に優れたメッシュ素材を採用していて、汗やムレが気になる人にぴったりです。

マジックテープで固定するタイプなので、長さ調節が簡単なのもポイント。

カラーはブラック・ブルー・イエロー・グリーンの4色を展開しています。

詳細情報

・価格:2,630円
・重さ:0.5~3kg
・おもりの素材:極小鉄玉
・生地の素材:スパンデックス
・ベルトの長さ:20~29.5cm

4位:PROIRON アンクルウエイト リストウェイト

PROIRONのアンクルウエイトは重りに鉄玉を使い、均一に負荷がかかるよう設計されているのが特徴です。

本体の縁取りには反射布を使っていて、夜のランニングやウォーキングも安心して行えます

通気性・耐久性・快適性に優れたナイロン複合ネオプレンを素材に採用しているので、使い心地がいいのも魅力です。

ベルトの長さを調整すれば、足首だけでなく手首にも使えますよ。

詳細情報

・価格:2,499円
・重さ:0.5~2kg
・おもりの素材:鉄粒
・生地の素材:ナイロン
・ベルトの長さ:26~34cm

5位:AIFY アンクルウェイト

AIFYのアンクルウェイトは、5つの重りを出し入れすることで好みの重量に調節できます。

最大4kgまで負荷をかけられるタイプもあり、初心者から上級者まで幅広い層におすすめの商品です。

マジックテープで長さ調節がしやすいのもポイント。

手足兼用のアイテムとして活躍するでしょう。

詳細情報

・価格:2,380円
・重さ:0.3~4kg
・おもりの素材:砂
・生地の素材:ネオプレン
・ベルトの長さ:29.5cm

6位:リーボック アンクルウェイト

ウェイトの内側にレッドカラーを採用しているのが特徴的な、リーボックのアンクルウェイト。

世界中で有名なブランドの商品なだけあり、耐久性の高さやフィット感のよさで高い評価を得ています。

マジックテープで固定するシンプルなタイプで、大手ブランドのリーボックにしては価格が比較的安いのも魅力。

ベルト部分がやや短めなので、どちらかというと女性におすすめの商品です。

詳細情報

・価格:2,791円
・重さ:0.5~1.5kg
・おもりの素材:砂鉄
・生地の素材:ネオプレン
・ベルトの長さ:-

7位:adidas アンクル/リストウェイト

有名ブランドのadidasもアンクルウェイトを販売しています。

手首と足首の両方に装着できるタイプで、さまざまなトレーニングに使えるでしょう。

ウェイトの表側に「adidas」のロゴが入っており、デザイン性がいいのもポイントです。

詳細情報

・価格:3,152円
・重さ:0.5~1.5kg
・おもりの素材:-
・生地の素材:ポリアミド
・ベルトの長さ:-

8位:グロング アンクルウエイト

グロングのアンクルウェイトは、表面に頑丈なPUレザー、裏面には伸縮性のあるスパンデックス素材を使っています。

他の商品に比べて、低価格なのがうれしいですね。

重量は0.5~3kgまでの4種類があり、それぞれでサイズやベルトの長さも違うので、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

詳細情報

・価格:1,480円
・重さ:0.5~2kg
・おもりの素材:-
・生地の素材:PUレザー、スパンデックス
・ベルトの長さ:-

9位:ナイキ アンクルウェイト

大手ブランドのものを使いたいなら、ナイキのアンクルウェイトも外せません。

人間工学に基づいたデザイン設計で、他のアンクルウェイトに比べると足首にしっかりとフィットするのが特徴。

ベタつかないDRI-FITという素材を使っており、とにかくフィット感のよさ・使いやすさを求める人におすすめです。

詳細情報

・価格:5,265円
・重さ:0.45~2.27kg
・おもりの素材:-
・生地の素材:DRI-FIT
・ベルトの長さ:-

10位:Sportneer アンクルウェイト

Sportneerのアンクルウエイトは、5段階まで重さを変えられます。

ベルトは31.5cmと長めで、体格や用途に合わせて調節できるのもうれしい点です。

ブルー・ピンク・オレンジとスタイリッシュなカラーが揃っているので、デザインを重視している人もぜひチェックしてみてください。

詳細情報

・価格:1,990円
・重さ:0.4~1.6kg
・おもりの素材:砂鉄
・生地の素材:ネオプレン
・ベルトの長さ:31.5cm

アンクルウエイトに関するQ&A

ここからは、アンクルウェイトに関するQ&Aを紹介します。

アンクルウエイトのメリットやデメリットを教えてください。

アンクルウェイトは足首や手首に装着するだけで、ウォーキング・エクササイズ・筋トレなどの負荷を簡単に上げられるのがメリットです。

重量が重めのタイプを使えば、筋肉を肥大化させたり、足を引き締めたりもできます。

一方、自分に合っていない重量のものをつけていると、足や腰を痛めてしまうことがあるのはデメリットです。

汗をかいたままで長時間装着していると、肌がかぶれてしまう場合もあります。

アンクルウエイトは一日中つけっぱなしでも大丈夫ですか?

アンクルウエイトを1日中つけっぱなしにするのは避けてください

極端に長い時間つけているとケガのリスクが高まるだけでなく、ムレやかぶれの原因になります。

つけっぱなしにするのは、長くても2,3時間程度にしたほうがいいでしょう。

アンクルウエイトは効果がないと聞いたのですが…

アンクルウェイトは、自分に合った重量のものを装着すれば効果はあります

ただし、重すぎてウォーキング時の歩幅が小さくなったり、筋トレのフォームが崩れたりしてしまうと効果はあまり得られません。

あくまでも負荷を上げるためのサポート的なアイテムなので、そもそもの筋トレや運動のパフォーマンスが下がらないよう、適度な重量のアンクルウェイトを使いましょう

アンクルウエイトは自作できますか?

アンクルウェイトは自作できます

具体的な作り方は以下の通りです。

  1. トイレットペーパーの芯に重りになるものを詰める
  2. 重りが出ないように袋やラップで固定する
  3. 適度な大きさのナイロン袋に重りを入れてミシンで固定する
  4. カラビナ・マジックテープ・ベルトなどを縫い付ける

ただ、自作といっても数百円の費用がかかることに加え、売り物のアンクルウェイトに比べると耐久性もフィット感も大きく劣ります

装着中にずり落ちてくることも多いので、うまく作れるか自信がない人は、きちんとしたアンクルウェイトを購入したほうがいいでしょう。

アンクルウエイトが売っている場所は?

アンクルウェイトは、以下のような場所で購入できます。

  • Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなどのネット通販サイト
  • スポーツ用品店
  • ホームセンター
  • 百均
  • 一部の家電量販店やディスカウントショップ

目立たない薄型のアンクルウエイトはありますか?

極端に薄いアンクルウェイトはあまりないですが、ある程度薄く目立たないタイプはあります。

記事内で紹介したアンクルウェイトのなかだと、以下の商品が比較的薄めです。

アンクルウエイトの使い方を教えてください。

アンクルウエイトの使い方は簡単

本体を足首に巻き、ベルトで固定すればOKです。

ベルトを巻きつける際の強さで足首へのフィット感が決まるため、適度な締め付け具合になるよう調節しましょう。

まれにファスナーでつけるタイプもありますが、その場合は本体を足首に巻き、ファスナー面で固定するだけで装着できます。

また、重りの個数などで重さが調節できる場合は、自分が負荷をかけたいレベルに合わせて、適度な重量に調節するのがポイントです。

どんなトレーニングと相性が良いですか?

アンクルウエイトと相性の良い代表的なトレーニングとしては、以下のようなものがあげられます。

  • ウォーキング
  • ランニング
  • 登山

足首に高負荷をかけてトレーニングできるので、足を上げながら行う『太もも・ふくらはぎ・お尻の筋トレ』などにも効果的です。

また、アンクルウエイトは足首だけでなく手首に装着できるタイプもあります。

手首の重さが増せば、手を動かす動作の二の腕や肩の筋トレにも効果を発揮しますよ。

使い方によってさまざまなトレーニングに活用できるので、ぜひ自分なりの使い方を見つけてみてください。

アンクルウエイトをつけて歩くだけでも効果はありますか?

アンクルウエイトは足首に高負荷をかけられるアイテムなので、歩くだけでも効果はあります

また、同じようなトレーニングとして軽いジョギングやランニングにも効果的です。

ただし、アンクルウエイトをつけても、ただ立っているだけでは大した効果は期待できません

あくまでも日常的な動作や筋トレ中の負荷を上げるためのアイテムなので、基本的には運動時にのみ使用することを心がけてくださいね。

リストウエイトとの違いはなんですか?

リストウエイトは手首につけるアイテム、アンクルウエイトは足首につけるアイテムです。

基本的な機能は同じですが、リストウエイトは手首にフィットするよう設計されているので、アンクルウエイトよりもサイズが少し小さめ。

ウォーキングやランニングなど全身を動かすトレーニングであれば、ストウエイトもアンクルウエイトもトレーニング効果に大きな差はありません

ただし、負荷をかける場所が違うので、相性の良い筋トレはそれぞれ異なります。

アンクルウエイトは足やお尻など下半身の筋トレに効果的なのに対し、リストウエイトは二の腕や肩など、上半身の筋トレと相性がいいです。

また、リストウエイトは重量の重い商品だとダンベル代わりにもなるので、上半身を中心に鍛えたい場合はリストウエイトを使うといいでしょう。

まとめ

今回紹介したアンクルウエイトのなかでもイチオシの商品は、耐久性や使いやすさに優れたYAKIDAのアンクルウエイトです。

他にもコスパのいいものや高重量の負荷をかけられるタイプなど、いろいろなアンクルウェイトがあります。

本記事を参考にしつつ自分にぴったりのアンクルウェイトを見つけて、効果的なトレーニングを行ってください。

ゆーや

ゆーや

自分にぴったりなアンクルウエイトで、日頃のトレーニング効果をグッとアップさせましょう。

関連記事