筋トレグッズ(器具)をまとめました!

バーベルスタンドおすすめ6選【省スペースでもホームジム化が叶う筋トレ器具】

11 min 85 views

この記事は、
・バーベルスタンドが欲しいけど、どれを選べば良いかわからない!
・自分に合ったバーベルスタンドを探すのが面倒!
・せまい自宅でも本格的にバーベルトレーニングがしたい!
という人向けに書きました。

バーベルスタンドは単なるバーベル置き場として認識されていますが、省スペースな自宅でも筋トレBIG3を可能にするとっておきのトレーニング器具です。

しかし、この記事を読んでいるあなたはこんなことを思っているのではないでしょうか?

「いろんな種類のバーベルスタンドがありすぎて、選ぶのが大変…」

ということで、今回は筋トレYouTuberの僕たちが厳選したバーベルスタンドを6つ紹介します。

購入前に知っておきたい『バーベルスタンドの選び方』や『バーベルスタンドのQ&A』も解説していくので、後悔したくない人は必ず読んでくださいね!

マイキー

マイキー

ちなみに6種類のバーベルスタンドの中でも最もおすすめなのはFIELDOORのベンチプレスラックです。
耐久性・機能性・デザイン性抜群なので、迷ったらこれを選んでおけば間違いなしですよ!

バーベルスタンドの選び方

バーベルスタンドを選ぶ際のポイントは以下の3つです。

  1. 一体型と分離型のどちらにするか?
  2. どれだけの重さに耐えられるか?
  3. バーベルスタンドの高さ調節が可能かどうか?
さつき

さつき

それでは一つずつ解説していきます!

一体型と分離型のどちらにするか?

バーベルスタンドの選ぶ際に注目すべき一つ目のポイントは種類です。

バーベルスタンドには、一体型と分離型の2つの種類があります。

それぞれメリットとデメリットがあるので、以下の表にまとめました。

種類メリットデメリット
一体型・安定性に優れている・やや高い
分離型・コンパクトで安い・一体型より安定性に欠ける

安定性重視なら一体型、値段重視なら分離型がおすすめです。

どれだけの重さに耐えられるか?

次に注目して欲しいのはバーベルスタンドの耐荷重です。

バーベルスタンドはその名の通り、バーベルを置く場所。

高重量の耐荷重に対応していなければ意味がありません。

自分が扱うバーベルの重さに対応していれば問題ありませんが、トレーニング中は勢いよくバーベルを置くことが非常に多くなってきます。

負荷がかかることも考えて、最低でも200kg前後に対応しているものを選んでください。

バーベルスタンドの高さ調節が可能かどうか?

バーベルスタンドを選ぶ際に注目すべき最後のポイントは『高さ調節ができるかどうか』です。

というのも、バーベルで筋トレをする際、トレーニング内容によってバーベルを持ち上げる高さが変わってきます。

バーベルスタンドの高さが調節できると、快適で効果的なトレーニングが可能です。

基本的に高さ調節ができるバーベルスタンドがほとんどですが、中には高さが固定されたものもあるので必ず確認してください。

バーベルスタンドおすすめ6選

今回ご紹介するバーベルスタンドは全部で6種類です。

まずは比較表をご覧ください。

商品名値段種類耐荷重特徴
FIELDOORベンチプレスラック
(イチオシ!)
13,970円一体型250kg安全性・機能性・デザイン性抜群のバーベルスタンド
GronGバーベルスタンド15,480円一体型250kgベストセラーの大人気バーベルスタンド
BARWINGバーベルスクワットラック10,800円一体型360kg耐久性に優れたバーベルスタンド
IROTECスクワットラック20,350円一体型記載なし一流ブランドの高品質バーベルスタンド
GronG分離型バーベルスタンド7,980円分離型180kgコンパクトなバーベルスタンド
Bonarcaバーベルスタンド6,980円分離型300kgリーズナブルなバーベルスタンド
マイキー

マイキー

それでは一つずつ解説していきます。

FIELDOORベンチプレスラック

今回紹介するバーベルスタンドの中で断トツでおすすめなのがFIELDOORのベンチプレスラックです。

僕たちがイチオシする理由は以下の4つ。

  • 日本国内の検査機関で耐荷重試験済みだから安心
  • バーベルホルダー12段階、セーフティーバー6段階、横幅10段階調節できる
  • PULL式で簡単に高さや幅が調節可能
  • ワインレッドとブラックの2色から選べる

また、これだけメリットが多いにもかかわらず、値段がリーズナブルなのも魅力的です。

楽天市場の口コミを見てみると、

「コストパフォーマンスは言うことがない。満足している。」
「設計がオリジナルということで、やはり品質も信頼できる。」
「この金額で、この造り、満足。初心者にお勧め。」

など、満足しているという声が非常に多くありました。

説明書が間違っているという意見もありましたが、現在メーカーが対応しているようです。
※2020年8月1日時点

買ってから後悔したくない人はFIELDOORのベンチプレスラックだと間違いなしですよ!

詳細情報
  • ブランド名:FIELDOOR
  • 商品名:ベンチプレスラック
  • 値段:13,970円
  • 種類:一体型
  • サイズ:幅73~118cm×奥行き85cm×高さ96.5~151.5cm
  • 耐荷重:250kg
  • 高さ調節:〇

GronGバーベルスタンド

定番のバーベルスタンドといえば、GronGのバーベルスタンドです。

Amazonでもベストセラー1位になるほど人気があります。

多くの人に愛用されている理由は以下の3つ。

  • お客様の声を取り入れ改良を続けている
  • バーベルホルダーとセーフティーバーにシリコンラバーを使用しているため、衝撃を緩和し、音も軽減してくれる
  • 高さと幅を細かく調節できる

実際にAmazonの口コミには、

「この手のラックはスクワットをする時の高さが足りない事だろうが全く問題ない」
「塗装も綺麗でしっかりした作りをしてるし、この値段なら素晴らしい商品」
「この値段でこの質感、使用感は大満足」

など、良い意見が目立ちます。

一部、高重量のバーベルを置く際にぐらつきが気になるという声もありましたが、安定性以外にはデメリットがない優れたバーベルスタンドなので、筋トレ初心者や100kg未満のバーベルを扱う人には最適です。

大人気のGronGのバーベルスタンドを使って、自宅で本格的なバーベルトレーニングを始めましょう。

詳細情報
  • ブランド名:GronG(グロング)
  • 商品名:バーベルスタンド
  • 値段:15,480円
  • 種類:一体型
  • サイズ:幅72~117cm×奥行き84cm×高さ55〜141cm
  • 耐荷重:250kg
  • 高さ調節:〇

BARWINGバーベルスクワットラック

耐久性重視に人にはBARWINGのバーベルスクワットラックがぴったりです。

というのも、今回紹介するバーベルスタンドの中でも360kgと高重量の耐荷重を誇っています。

また、補強バーをダブルで使用しているため、ぐらつきや歪みを軽減してくれるという特徴もあります。

Amazonの口コミを見ても、

「耐久性問題無し。安心して使用している。」
「外観は思っていたより角パイプが厚くしっかりしている。高さ調整ピン取付部のナットと角パイプの溶接は全周溶接されて不安はありません。」

など、安心してトレーニングできるという意見がたくさんありました。

見た目が簡素に見えるというレビューもありましたが、11,800円でこれだけのクオリティーがあれば買って損はありません。

高重量のバーベルで思いっきりトレーニングしたい人は耐久性抜群のBARWINGのバーベルスクワットラック一択ですよ。

詳細情報
  • ブランド名:BARWING(バーウィング)
  • 商品名:バーベルスクワットラック
  • 値段:11,800円
  • 種類:一体型
  • サイズ:幅73.5〜124.5cm×奥行き77.3cm×高さ97.3〜147.3cm
  • 耐荷重:360kg
  • 高さ調節:〇

IROTECスクワットラック

品質重視の人にはIROTECのスクワットラックが最適。

筋トレ上級者やプロアスリートも愛用する一流ブランドのバーベルスタンドです。

IROTECのスクワットラックには以下のようなメリットがあります。

  • 一体型なのに軽量でコンパクト
  • 作りが丁寧で頑丈
  • 組み立てが簡単

Amazonの口コミには、

「使用して1年たっても不具合もなく、高重量でもしっかり支えられている。」
「4年経つが何も問題なく安定して使えている」

など、長期間使っても問題なく使えているという意見がいくつもありました。

他のバーベルスタンドに比べて値段は高めですが、長い間使用できることを考えるとむしろお得です。

せっかく買うなら品質にこだわりたい!という人はIROTECのスクワットラックをチェックしましょう。

詳細情報
  • ブランド名:IROTEC(アイロテック)
  • 商品名:スクワットラック
  • 値段:20,350円
  • 種類:一体型
  • サイズ:幅112cm×奥行き51cm×高さ89~129.5cm
  • 耐荷重:記載なし
  • 高さ調節:〇

GronG分離型バーベルスタンド

家に筋トレ器具をおくスペースがあまりない人にはGronGの分離型バーベルスタンドがおすすめです。

今回紹介するバーベルスタンドの中でも最小サイズで、重ねるとわずか50×55cmとコンパクトに収納できます。

また、1台あたり約8.5kgなので移動も楽々です。

Amazonの口コミを見ると、

「この製品は価格的にも造りの良さも非常に満足できる。」
「梱包も丁寧で製品の精度も良く組み立てもスムーズ」
「ある程度の重量があり、剛性、安定感も十分。満足している。」

など、コンパクトであること以外にも多くのメリットがあることがわかります。

180kgまでしか対応していないというデメリットはありますが、省スペースな自宅でもバーベルトレーニングしたい人にはもってこいです。

コンパクトなGronGの分離型バーベルスタンドで、家をジム化する夢を叶えましょう。

詳細情報
  • ブランド名:GronG(グロング)
  • 商品名:バーベルスタンド(分離型)
  • 値段:7,980円
  • 種類:分離型
  • サイズ:幅44cm×奥行き52cm×高さ103.5〜167.5cm
  • 耐荷重:180kg
  • 高さ調節:〇

Bonarcaバーベルスタンド

低価格のバーベルスタンドを探しているならBonarcaのバーベルスタンドが一番です。

10,000円以上のバーベルスタンドが多い中、わずか6,980円で購入できます。

また、分離型であるにもかかわらず、耐荷重が300kgと高重量に対応しているのも魅力的です。

値段が安すぎて不安を感じる人もいるかもしれませんが、Amazonの口コミには、

「価格なりのシンプルな造りだが、強度もあり良いものだった」
「他の商品よりもコスパも良かったので、買って良かった」
「とても軽くて、扱い易い」

など、満足しているという意見がたくさんありました。

塗装や溶接が雑な部分もありますが、値段を考えるとかなりお買い得です。

できるだけ安いバーベルスタンドが欲しい!という人はBonarcaのバーベルスタンドを今すぐゲットしましょう。

詳細情報
  • ブランド名:Bonarca
  • 商品名:バーベルスタンド
  • 値段:6,980円
  • 種類:分離型
  • サイズ:幅46cm×奥行き61cm×高さ97〜146cm
  • 耐荷重:300kg
  • 高さ調節:〇

バーベルスタンドに関するQ&A

この章では筋トレYouTuberの僕たちがバーベルスタンドの気になる疑問にお答えしていきます。

バーベルスタンドでできるトレーニング種目は?

バーベルスタンドでできる代表的なトレーニングは以下の通りです。

  • ベンチプレス
  • バーベルスクワット
  • ベントオーバーローイング
  • シーテッドバーベルカール

グリップ(持ち手)付きのものだと、ディップスやレッグレイズなども可能です。

ただし、トレーニングによってはトレーニングベンチが必要なものもあります。

バーベルスタンドとパワーラックの違いは?

どちらもバーベルを設置できるスタンドですが、パワーラックはバーベルスタンドよりサイズが大きく、バーベルトレーニング以外の筋トレも幅広く行えるのが特徴的です。

しかし、高額で場所を取るため、購入するのにハードルが高いといわれています。

ちなみにバーベルスタンドはバーベルラック、スクワットラック、ベンチプレスラックとも呼ばれています。

バーベルスタンドでチンニング(懸垂)はできる?

バーベルスタンドは高さがないのでチンニングには向いていません。

チンニングもあわせて行いたい場合、パワーラックやハーフラックがおすすめです。

まとめ

今回は筋トレYouTuberの僕たちがバーベルスタンドを6つ紹介しました。

始めにお伝えした通り、断トツでおすすめなのはFIELDOORのベンチプレスラックです。

しかし、製品毎に違った魅力があるので、自分の好みに合わせて選んでみてくださいね!

さつき

さつき

バーベルトレーニングをするならバーベルセットやトレーニングベンチ、トレーニンググローブも欠かせません。
以下の記事もあわせてチェックしてみてください!

マイキー

マイキー

お財布やスペースに余裕がある人はパワーラックもおすすめですよ!

関連記事