デスクワーク向きな筋トレグッズ特集はコチラ!

バランスボールのおすすめランキング10選【サイズの選び方も解説】

24 min 692 views

この記事は、
・バランスボールがほしいけど、どれを選ぶべきか迷う
・口コミ評価の高い人気のバランスボールを買いたい
・自宅で気軽にトレーニングできるアイテムがほしい
という人に向けて書きました。

バランスボールは、インナーマッスルの強化・ダイエット・体の歪みや姿勢の改善といった効果が期待できるトレーニングアイテムです。

軽めのエクササイズからハードなトレーニングまで、幅広い用途で使えます。

とはいえ、商品によってサイズや形状が異なり、どれを選ぶべきか迷ってしまう人も多いでしょう。

そこで今回は、バランスボールの選び方と、おすすめの商品をランキング形式で紹介します。

記事の後半では、バランスボールに関するQ&Aも掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

ゆーや

ゆーや

とにかくイチオシのバランスボールだけが知りたいという人はUmi.のバランスボールで決まり。
使い勝手も良く、安全性も高いので安心して利用できます。

バランスボールの選び方

バランスボールを選ぶ際に抑えていきたいポイントはサイズ・耐荷重・安全性の3つです。

ゆーや

ゆーや

それでは、一つずつ解説していきます。

サイズ

バランスボールを選ぶ上で一番重要なのはサイズです。

サイズの合わないバランスボールでは効率的なエクササイズができないどころか、転倒してしまう可能性もあります。

自分の身長に合わせてぴったりのサイズを選びましょう。

耐荷重

次に耐荷重を確認してください。

バランスボールにはそれぞれ対応可能な重さが決まっています。

イスとして使う場合やストレットなどを行う場合、自分の体重以上のものであれば問題ありません。

しかし、ダンベルなどを持ってトレーニングする場合、高重量に対応しているものを選ぶ必要があります。

安全性

最後に安全性もチェックしましょう。

バランスボールはいわば風船のようなものです。

使い続けていると空気が抜けたり、場合によっては割れてしまうこともあります。

そのため、割れにくい素材が使われている製品やアンチバースト仕様のものを選びましょう!

ゆーや

ゆーや

アンチバーストとは、バランスボールに穴があいた時に、破裂せずに少しずつ空気が抜けていく構造。
ノンバーストとも呼ばれています。

バランスボールのおすすめランキング10選

それではここから、おすすめのバランスボールを紹介します。

商品名価格サイズ耐荷重アンチバースト付属品対象レベル
1位:Umi.
バランスボール
1,999円直径48~55cm300kgあり・空気入れ中級者、上級者
2位:東急スポーツオアシス
バランスボール
3,980円直径55cm300kg・空気入れ
・固定リング
中級者、上級者
3位:MAROOMS
バランスボールチェア
16,500円高さ56cm、直径52cm・空気入れ
・カバー
・ゴム脚
など
初心者、中級者
4位:ハタチ
小さいバランスボール
990円直径約20cm・空気入れ
・トレーニングミニブック
初心者
5位:エレコム
バランスボール
1,958円直径65cm500kgあり・空気入れ中級者、上級者
6位:URBNFit
ハーフバランスボール
9,999円・空気入れ
・トレーニングチューブ
中級者、上級者
7位:山善
バランスボール
6,000円直径55cm80kg・空気入れ
・カバー
・台座
など
初心者、中級者
8位:IRONMAN CLUB
ドーナツボール
1,122円直径最大50cm80kg・空気入れ初心者、中級者
9位:SPICE OF LIFE
ジェリーフィッシュ チェア
14,400円47×47×51cm約360kgあり・空気入れ
・エクササイズ用DVD
・メジャー
など
初心者、中級者
10位:susanSport
ピーナッツ型バランスボール
2,580円48×90cm250kg・空気入れ初心者、中級者

1位:Umi. バランスボール

本格的なバランスボールがほしい人は、Umi.のバランスボールがおすすめです。

一般的なバランスボールに比べるとやや重めで重量感があり、ハードなトレーニングにも耐えられます。

アンチバーストや滑り止め機能がついていて、使い勝手がいいのも魅力。

耐荷重も300kgと十分にあるので、使いやすいバランスボールを探している人にもぴったりでしょう。

詳細情報

・価格:1,999円
・サイズ:直径48~55cm
・耐荷重:300kg
・アンチバースト:あり
・付属品:空気入れ
・対象レベル:中級者、上級者

2位:東急スポーツオアシス バランスボール

東急スポーツオアシスのバランスボールは、固定リングがついているタイプ。

リングのおかげで転がりづらく、安定感を保ったままトレーニングが可能です。

大手のフィットネスクラブが監修している商品なだけあり、座り心地や動かしやすさも優れています。

高負荷のエクササイズをしたり、安定感を活かして椅子代わりにしたりなど、いろいろな目的で使えますよ。

詳細情報

・価格:3,980円
・サイズ:直径55cm
・耐荷重:300kg
・アンチバースト:-
・付属品:空気入れ、固定リング
・対象レベル:中級者、上級者

3位:MAROOMS バランスボールチェア

椅子として使えるバランスボールを購入したいなら、こちらの商品を要チェック。

転がらない形状のバランスボールなので、体幹を鍛えながら椅子としても活躍します。

テレビを見ながら、パソコン作業をしながらなど、ながらトレーニングにもぴったりです。

デザイン性が高いので、他のインテリアの雰囲気を壊すこともないでしょう。

詳細情報

・価格:16,500円
・サイズ:高さ56cm、直径52cm
・耐荷重:-
・アンチバースト:-
・付属品:空気入れ、カバー、ゴム脚
・対象レベル:初心者、中級者

4位:ハタチ 小さいバランスボール

ハタチが販売しているこちらの商品は、直径20cmの小さめサイズのバランスボール。

太ももで挟んだり、椅子の上にバランスボールを置いてその上に座ったりなど、一般的なバランスボールとは違った使い方ができます。

トレーニングブックもついており、本を参考にしながらエクササイズができますよ。

価格が安いので、バランスボールを使ったことがない初心者にもおすすめです。

詳細情報

・価格:990円
・サイズ:直径約20cm
・耐荷重:-
・アンチバースト:-
・付属品:空気入れ、トレーニングミニブック
・対象レベル:初心者

5位:エレコム バランスボール

ハードトレーニング用に使いたい人は、エレコムのバランスボールを検討してみてはどうでしょう。

直径65cmとサイズが大きく、高身長の人や体格の大きい人でも使いやすいタイプです。

耐荷重が500kgあり、さらにアンチバースト仕様のため、男性が使うのにもおすすめ

55cmと75cmサイズもあるので、身長や用途を考慮しつつ選ぶといいでしょう。

詳細情報

・価格:1,958円
・サイズ:直径65cm
・耐荷重:500kg
・アンチバースト:あり
・付属品:空気入れ
・対象レベル:中級者、上級者

6位:URBNFit ハーフバランスボール

URBNFitのハーフバランスボールは、ドーム面とボード面の両方がある半円型なのが特徴。

床側の安定感を出したいならドーム面を上にする、床のほうのバランスを取りたいならボード面を上にするなど、使い分けができます

また、トレーニングチューブがついているので、幅広いメニューを行えるのもポイントです。

詳細情報

・価格:9,999円
・サイズ:-
・耐荷重:-
・アンチバースト:-
・付属品:空気入れ、トレーニングチューブ
・対象レベル:中級者、上級者

7位:山善 バランスボール

山善のバランスボールは、おしゃれなボールカバーがついています。

カラーはベージュ・グレー・ネイビーの3色があり、部屋の雰囲気や好みに合わせて選択可能

転がりを防止する台座や、持ち運びに便利なハンドルがついており、使いやすさもばっちりです。

詳細情報

・価格:6,000円
・サイズ:直径55cm
・耐荷重:80kg
・アンチバースト:-
・付属品:空気入れ、カバー、台座
・対象レベル:初心者、中級者

8位:IRONMAN CLUB ドーナツボール

IRONMAN CLUBが販売しているこちらの商品は、珍しいドーナツ型のバランスボール。

重心が低いので安定感があり、初心者や子どもでも使いやすいタイプです。

空気を入れる量によって弾力を調節できるため、ややハードなトレーニングにも対応するでしょう。

詳細情報

・価格:1,122円
・サイズ:直径最大50cm
・耐荷重:80kg
・アンチバースト:-
・付属品:空気入れ
・対象レベル:初心者、中級者

9位:SPICE OF LIFE ジェリーフィッシュ チェア

くらげのような形をした、変わったタイプのバランスボールです。

ボールの下側に土台があり転がらない仕様のため、普段の椅子代わりとしても使えます。

カラーとデザインが豊富にあり、おしゃれに使えるのもうれしいですね。

詳細情報

・価格:14,400円
・サイズ:47×47×51cm
・耐荷重:約360kg
・アンチバースト:あり
・付属品:空気入れ、エクササイズ用DVD、メジャー
・対象レベル:初心者、中級者

10位:susanSport ピーナッツ型バランスボール

変わり種を使ってみたいときは、susanSportのピーナッツ型バランスボールもおすすめ。

名前の通り、中央が凹んだピーナッツのような形状をしています。

凹みの部分に足を乗せたり、体をフィットさせてエクササイズしたりなど、従来とは違った使い方が可能です。

詳細情報

・価格:2,580円
・サイズ:48×90cm
・耐荷重:250kg
・アンチバースト:-
・付属品:空気入れ
・対象レベル:初心者、中級者

バランスボールに関するQ&A

ここからは、バランスボールに関するQ&Aを紹介します。

初心者におすすめのバランスボールは?

初心者には、以下のバランスボールがおすすめです。

女性向けのおしゃれなバランスボールは?

女性向けには以下のように見た目がおしゃれなバランスボールがおすすめです。

バランスボールのメリットは?

バランスボールのメリットはなんといっても、普段はあまり使わないような筋肉やインナーマッスルを刺激できることです。

また、バランスボールはストレッチ道具としての使い勝手がよく、背筋・腹筋・足などを伸ばす動作が行えるのも魅力。

ただボールの上に座るだけでなく、体全体を預けたり足で挟んだりなど、いろいろなトレーニングができます。

体幹を鍛えながらエクササイズをしたい人にはもちろん、姿勢をよくしたい人や、股関節や筋肉のストレッチをしたい人にもおすすめです。

座るだけでも効果はある?

バランスボールは基本的に、体全体でバランスを取りながら体重をかけないとうまく座れません。

そのため、座っているだけでもインナーマッスルの強化や基礎代謝のアップといった効果が期待できます

また、バランスボールで体幹を鍛えることで筋肉の強張りや骨盤のゆがみが改善され、肩こりや腰痛が軽減されたり、姿勢がよくなったりすることも。

座るだけでなく、バランスボールを使いながらトレーニングやストレッチを行えば、脂肪燃焼や筋力強化などより多くの効果が期待できます。

本格的なトレーニングはできる?

バランスボールでも、本格的なトレーニングはできます

とくに耐荷重の大きいバランスボールは高負荷の筋トレにも耐えられるので、全体重をかけた筋トレや激しめのトレーニングも可能です。

ただ、やはり専用の器具や大型マシンを使うような高重量の筋トレに比べると、強度はやや劣ります。

より本格的なトレーニングをしたい場合は、ダンベルやトレーニングチューブなどを組み合わせたメニューに挑戦してみるのも1つの方法です。

バランスボールの使い方が知りたい!

バランスボールに決まった使い方はなく、目的に応じていろいろなトレーニングやストレッチが可能です。

ここでは例として初心者でも取り組みやすい、腰やお腹周りを中心に鍛えられる横運動のトレーニング方法を紹介します。

  1. 両足を肩幅程度に開き、足は床につけた状態でバランスボールに座る
  2. 膝を90度に曲げ、体が安定したら両手を腰にあてる
  3. お腹に力を入れながら、左右どちらかへ腰を動かす(腰だけを動かすのがポイント)
  4. バランスボールの上で体を保てるギリギリの位置まで腰を動かしたら、元の位置に戻る
  5. 同じように、反対方向にも腰を動かす

慣れてきたら、前後の動きを加えるのもおすすめです。

上記で紹介したのはあくまでも1例なので、鍛えたい部位や目的にあわせて、他のトレーニングにもぜひ挑戦してみてくださいね。

サイズはどうやって決めたらいい?

サイズは自分の身長で選ぶのがベストです。

詳しくはバランスボールの選び方の項目で解説しています。

バランスボールを売っている場所は?

バランスボールは、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングといったECサイトで売っています。

その他、以下のような場所でも購入可能です。

  • スポーツ用品店
  • ホームセンター
  • 100均
  • 一部の家電量販店やインテリアショップ

なお、100均のバランスボールは安い反面、耐久性が不十分だったり、空気入れがついていなかったりすることもあります。

品質のいいバランスボールを使いたいなら、ネット通販やスポーツショップで購入するのが無難でしょう。

バランスボールの収納方法は?

バランスボールを収納するやり方はいくつかあるので、ここではおすすめの方法を紹介します。

  • 天井の角にバランスボールを押しつけて固定しておく
  • 突っ張り棒を部屋の上部に設置してそこにバランスボールを置く
  • ボールネットに入れて吊り上げる
  • 固定リングやストッパーになるものを使い、転がらないよう工夫して部屋の隅に置く
  • 転がらないタイプは机の下に椅子として収納する

意外と知られていないのが天井の角にバランスボールをぎゅっと押しつけて収納する方法です。

天井とバランスボール素材の相性にもよりますが、うまく摩擦が発生すれば、滑らずにそのまま固定しておけます。

上記の他にも収納方法はあるので、部屋の構造や使い方に合ったやり方を実践してみてください。

バランスボールのお手入れ方法を教えて!

バランスボールのお手入れ方法は、ほこりや髪の毛など目に見える汚れがあるときは、タオルや手で軽く払い落とせばOKです。

汗や他の汚れが気になる場合は、水で絞った布やウエットクロス、消毒用エタノールをつけたウエットティッシュなどで拭き取る方法もあります。

水や消毒液で拭いたあとは、風通しのよい日陰で乾かしてから収納しましょう。

バランスボールの空気の入れ方や抜き方は?

バランスボールの空気の入れ方は、ボールの空気穴にハンドポンプ(空気入れ)の先端を差し込み、ポンプを押して空気を入れます

空気を入れたあとはハンドポンプを抜き、素早く栓をすればOKです。

空気を抜くときは、バランスボールの栓を外し、少し待てばそのまま空気が抜けていきます。

なお、バランスボールによっては専用の空気入れがついていることもあるので、その場合は説明書を確認しつつ、メーカーが推奨するやり方を参考にしてみてください。

まとめ

バランスボールは、インナーマッスルの強化やストレッチ、姿勢の改善をしたいときに活躍するアイテムです。

椅子の代わりとして使えるタイプもあり、なにかの作業をしながらエクササイズをしたい人にもおすすめ。

記事内で紹介した選び方やおすすめ商品を参考にしつつ、自分にぴったりのバランスボールを見つけてくださいね。

ゆーや

ゆーや

買ってから後悔したくない人はUmi.のバランスボールだと間違いありません。
これ一つあれば、ストレッチからハードなトレーニングまで対応できます。

関連記事