筋トレグッズ(器具)をまとめました!

【比較表あり】パワーラックの選び方とおすすめ7選

12 min 262 views

この記事は
・パワーラックが欲しいけど、どれが良いのかわからない!
・自分に合ったパワーラックを選ぶのが面倒…
・自宅をジム化させたい!
という人向けに書きました。

パワーラックとは、バーベルなどを設置できるトレーニング器具です。

これから本格的にトレーニングを始めたい人にとっては憧れのアイテムですよね!

そんなパワーラックの特徴を簡単に説明すると…

  • ベンチプレス・バーベルスクワット・デッドリフトなどのトレーニングをすることができる
  • ディップスや懸垂などの自重トレーニングも可能
  • 全身を本格的に鍛えることができる

自宅をジム化したい!という人にはおすすめの筋トレ器具になります。

しかし、パワーラックの種類がたくさんあるし、商品によって価格差があるため、どう選んだらよいかわからないですよね….

そこで今回は、筋トレYouTuberの僕たちがパワーラックの選び方を伝授します!

また、記事の後半ではおすすめのパワーラックを7つ紹介するので、自分にぴったりのパワーラックに出会えるはずですよ!

マイキー

マイキー

お気に入りのパワーラックを見つけたら、自宅でムキムキの肉体美を手に入れましょう!

パワーラックの選び方

パワーラックを選ぶ際に抑えていきたいポイントは以下の3つです。

  1. サイズ
  2. 種類
  3. 耐荷重
さつき

さつき

それでは、一つずつ解説していきますね!

サイズ

パワーラックを選ぶ上で一番重要なポイントはサイズ!

ジムに置いてあるとさほど感じませんが、パワーラックは想像以上にサイズが大きいです。

せっかく買ったのに、大きすぎて自宅に設置できなかった…という人もたくさんいます。

パワーラックを購入する前は、必ず設置場所を決めておき、あらかじめサイズを測定しておきましょう。

種類

次に注目したいポイントは種類です。

パワーラックには大きく分けて2つの種類があります。

ジムなどでよく見かける支柱に支えられたボックスタイプとボックスタイプよりもサイズが小さいハーフタイプです。

種類メリットデメリット
ボックスタイプ耐久性に優れている場所を取る
ハーフタイプコンパクトボックスタイプよりもできるトレーニングが少ない

上の表のメリットとデメリットを元に、自分に合った種類を選びましょう!

耐荷重

最後に耐荷重も確認しましょう!

パワーラックはバーベルなどの高重量の器具を使ったトレーニングができるアイテムです。

そのため、高負荷をかけられるものを購入することをおすすめします。

今後、どんなトレーニングをするかわからない…という人は耐荷重が200kg以上のものだと間違いないですよ!

パワーラックのおすすめ7選

今回紹介するパワーラックの比較表を作成しました。

ブランド名GronGBODYMAKERIROTECPOWERTECTUFFSTUFFIROTECBULL
商品名バーベルスタンドマルチラック2マルチステーションラックパワーラックパワーラックマルチファンクション
プロフェッショナルワークアウト
システム
パワーラック
値段15,480円29,800円54,450円143,000円203,500円495,000円462,000円〜
種類ハーフハーフハーフボックスボックスボックスボックス
サイズ
(cm)
幅72~117×高さ55〜141幅111~181×奥行き58×高さ171幅120×奥行き125×高さ208幅130×奥行き127×高さ213幅130×奥行き145×高さ213幅220×奥行き150×高さ215幅173×奥行き 170×高さ226.5 
耐荷重(最高)250kg約150kg200kg454kg272kg600kg記載なし
対象レベル初心者初心者中級者中級者中級者上級者上級者
マイキー

マイキー

それでは、一つずつ詳しく解説していきます!

GronGバーベルスタンド

今回紹介するパワーラックの中でも一番リーズナブルなのが、GronGのバーベルスタンドです。

数十万以上するパワーラックが多い中、約15,000円と激安価格で購入することができます。

値段は安いもののメリットが多く、筋トレ初心者に圧倒的な人気を誇っています。

GronGのバーベルスタンドのメリットは以下の3つです。

  • 身長や体形に合わせて、高さと横幅を調節できる
  • バーベルホルダーとセーフティーバーにシリコンラバーを搭載しているため、衝撃を緩和し、音も軽減してくれる
  • 耐荷重が250kg

ボックスタイプのものに比べて安定性に欠けますが、値段以上の価値があるので買って損はないでしょう!

口コミにも、

「コスパ最高!」
「塗装も高品質!」
「機能の割に値段がリーズナブル!」

など、高評価な意見が多いです。

パワーラックが欲しいけど、値段が高くて迷っている…という人は、GronGのバーベルスタンドでパワーラックデビューを果たしましょう!

詳細情報
  • ブランド名:GronG(グロング)
  • 商品名:バーベルスタンド
  • 値段:15,480円
  • 種類:ハーフタイプ
  • サイズ:幅72~117×高さ55〜141cm
  • 耐荷重:250kg
  • 重量:約24kg

BODYMAKERマルチラック2

デザイン性の高いパワーラックといえば、BODYMAKERのマルチラック2です。

ブラックとイエローのカッコ良いパワーラックは、筋トレへのやる気をみなぎらせてくれます。

ハーフタイプでシンプルな作りですが、バーベルスクワットやベンチプレスはできるので自宅トレーニングをするには十分です。

実際に使った人のレビューを見ると、

「海外ジムにあるようなデザインで、モチベーションが上がる!」
「ボックスタイプが部屋に置けない人におすすめ!」
「自宅でベンチプレスからスクワットまで幅広く使える!」

など、満足した!という声がたくさんありました。

セーフティーバーがやや短いというデメリットはありますが、30,000円弱でクオリティーが高いので買いですよ!

デザインにこだわりがある!という人はBODYMAKERのマルチラック2をゲットして、トレーニングへのモチベーションを上げていきましょう!

詳細情報
  • ブランド名:BODYMAKER(ボディメーカー)
  • 商品名:マルチラック2
  • 値段:29,800円
  • 種類:ハーフタイプ
  • サイズ:幅111~181×奥行き58×高さ171cm
  • 耐荷重:約150kg
  • 重量:26kg

IROTECマルチステーションラック

機能性の高いパワーラックを探しているなら、IROTECのマルチステーションラックがおすすめ!

というのも、IROTECのマルチステーションラックには以下の機能がついています。

  • ローイング用フットステップ
  • キックバック用のアンクルベルト
  • プレートホルダー
  • ワンタッチ切り替え式のバタフライとプッシュプレス

機能が充実しているため、ベンチプレス・スクワット・ラットプル・ローイングなど様々なトレーニングが可能です。

また、

「価格以上に得られるものが多い!」
「トラブルがあったけど、メーカーの対応が良かった!」
「自宅でのトレーニングの幅がかなり広がった!」

など口コミ評価が高いのも魅力の一つです。

組み立てが難しいというマイナス面はありますが、それを考慮しても満足できるでしょう!

コンパクトかつ機能的なパワーラックが欲しい!という人は、IROTECのマルチステーションラックで決まりですよ!

詳細情報
  • ブランド名:IROTEC(アイロテック)
  • 商品名:マルチステーションラック
  • 値段:54,450円
  • 種類:記載なし
  • サイズ:幅120×奥行き125×高さ208cm
  • 耐荷重:200kg
  • 重量:75kg

POWERTECパワーラック

使いやすさを重視する人にはPOWERTECのパワーラックがおすすめです!

複雑な作りのパワーラックが多い中、シンプルで使い心地が抜群!との定評があります。

他にも、以下のような口コミも見られました。

「調整も非常に簡単でストレスなく筋トレに集中できる!」
「さすが専門家が太鼓判を押すほどの製品!」
「早速使用したが、トレーニングしてもビクともしない安定感!」

また、ボックスタイプにもかかわらず値段がお手頃だという特徴もあります。

ベンチやバーベル、プレートなどは別売りですが、懸垂ハンドルやディップバー付きなので、かなりお得ですよ!

使い心地抜群なPOWERTECのパワーラックを使って、自宅を簡単にジム化しましょう!

詳細情報
  • ブランド名:POWERTEC(パワーテック)
  • 商品名:パワーラック
  • 値段:143,000円
  • 種類:ボックスタイプ
  • サイズ:幅130×奥行き127×高さ213cm
  • 耐荷重:454kg(チンニングバーは180kg)
  • 重量:97kg

TUFFSTUFFパワーラック

耐久性に優れたものが良い!という人はTUFFSTUFFのパワーラックがぴったりです。

ぴったりな理由は以下の3つ!

  • 極太なバーホルダーを使用
  • 強度に優れた角型フレームを使用
  • 丁寧にしっかりと溶接している

ボックスタイプにしては耐荷重が軽めですが、構造・材質・仕上げなど全てにこだわり抜いたTUFFSTUFFで一番人気のパワーラックなので、信頼性バッチリです。

実際に口コミの中にも、「家庭用のパワーラックとして、総合判断すると1番良い!」との意見もありました!

頑丈なTUFFSTUFFのパワーラックをゲットして、思う存分トレーニングしましょう!

詳細情報
  • ブランド名:TUFFSTUFF(タフスタッフ)
  • 商品名:パワーラック
  • 値段:203,500円
  • 種類:ボックスタイプ
  • サイズ:幅130×奥行き145×高さ213cm
  • 耐荷重:272kg
  • 重量:99kg

IROTECマルチファンクションプロフェッショナルワークアウトシステム

せっかく買うなら最上級のパワーラックが欲しい!という人は、 IROTECのマルチファンクションプロフェッショナルワークアウトシステム一択です!

値段も最上級ですが、買って後悔しないほどメリットがたくさんあります。

  • 100kgの高重量ウエイト装備
  • 頑丈でぐらつきを最小限に抑えている
  • 収納スペースが豊富
  • 機能が充実している

口コミにも、「快適!気持ちよくトレーニングできる!」との意見がありました。

パワーラックの最終形態と呼ばれるIROTECのマルチファンクションプロフェッショナルワークアウトシステムを購入して、筋トレの質を向上させましょう!

詳細情報
  • ブランド名:IROTEC(アイロテック)
  • 商品名:マルチファンクションプロフェッショナルワークアウトシステム
  • 値段:495,000円
  • 種類:ボックスタイプ
  • サイズ:幅220×奥行き150×高さ215cm
  • 耐荷重:600kg
  • 重量:約480kg

BULLパワーラック

信頼性抜群のパワーラックといえば、BULLのパワーラックです。

というのも、BULLの製品はスポーツジムや学校、プロのスポーツ団体でも導入されているからです。

そんなBULLのパワーラックのメリットは以下の4つ。

  • 効率的にトレーニングを行えるように、日本人の体格に合わせた規格で設計されている
  • アフターサービスが充実している
  • 4種のチンニングバーで効果的に背中を鍛えることができる
  • フックの高さ調整が8cm刻みで可能

基本的な機能しかついていませんが、これほど信頼できるパワーラックは他にはないでしょう。

高品質かつアフターサービスも優れたパワーラックが欲しい人は、BULLのパワーラックだと安心ですよ!

詳細情報
  • ブランド名:ザオバss
  • 商品名:BULLパワーラック
  • 値段:498,000円
  • 種類:ボックスタイプ 
  • サイズ:幅173×奥行き 170×高さ226.5cm
  • 耐荷重:記載なし
  • 重量:150kg

まとめ

今回は僕たちが厳選したパワーラックを7つ紹介しました!

どれも人気商品ですが、初心者・中級者・上級者ごとにどれがおすすめですか?と聞かれたら以下のように答えます。

  • 初心者:コスパ抜群のGronGのバーベルスタンド
  • 中級者:機能が充実しているIROTECのマルチステーションラック
  • 上級者:プロのスポーツ団体にも導入されているBULLのパワーラック

パワーラックで自宅をジム化させたら思う存分トレーニングして、自分史上最高のマッスルボディーを手に入れましょう!

さつき

さつき

僕たちも自宅をジム化して、トレーニング漬けの毎日を送っています。

パワーラック以外のトレーニング器具を知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてくださいね!

マイキー

マイキー

関連記事