筋トレグッズ(器具)をまとめました!

チンニングスタンドのおすすめ6選【懸垂マシンで効果的に背中を鍛える!】

11 min 152 views

この記事は
・チンニングスタンド(懸垂マシン)が欲しいけど、どれを買えば良いかわからない!
・自分に合ったチンニングスタンドを見つけるのが面倒!
・自宅トレーニングを充実させたい!
という人向けの記事です。

チンニングスタンドとは懸垂ができる筋トレ器具のこと。

懸垂スタンドや懸垂マシン、ぶら下がり健康器とも呼ばれています。

自宅で効率的に上半身の筋肉を鍛えることができるため、家トレには欠かせないアイテムの一つです。/

しかし、似たような商品が多すぎて、選ぶのも一苦労ですよね…

そこで今回は筋トレYouTuberの僕たちがチンニングスタンドの選び方を丁寧に解説します。

記事の後半では、おすすめのチンニングスタンドを6つ紹介するので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

マイキー

マイキー

比較表も用意しているので、すぐに自分にぴったりのチンニングスタンドに出会えるはずですよ。

チンニングスタンド(懸垂マシン)の選び方

チンニングスタンドを選ぶ際に重視すべき点は以下の3つです。

  1. 耐荷重
  2. 安定性
  3. サイズ
さつき

さつき

それでは一つずつ解説していきます!

耐荷重

まずは、チンニングスタンドの対応可能な重さを確認しましょう!

チンニングスタンドには製品毎に耐荷重が決められていて、100〜150kgまで対応しているものがほとんどです。

ついつい自分の体重だけにフォーカスしがちですが、トレーニングによっては体重以上の負荷がかかります。

高負荷なトレーニングをすることも考慮して、自分の体重よりもプラス30〜50kgのものを選んでおくと安心です。

安定性

次に安定性があるかどうかもチェックしましょう!

チンニングスタンドを使ったトレーニングは、全体重をかけたハードなものが多いです。

そのため、頑丈なチンニングスタンドでなければ、ぐらつきがひどく、トレーニングの質を下げる可能性もあります。

最高のパフォーマンスをするためには、安定性に優れたチンニングスタンドを選びましょう。

といっても、通販サイトで購入する場合、安定性が高いかどうか判断するのは難しいですよね。

その際は、フレームの太さとレビューを参考にすると良いですよ!

サイズ

最後にチンニングスタンドのサイズも見ておきましょう!

ジムでチンニングスタンドを見ると、スリムでコンパクトに感じるかもしれませんが、家に置くとなると意外とサイズが大きいです。

せっかく買ったものの置き場所がない!という人もたくさんいます。

購入前は家のどこに設置するのかをあらかじめ決めておき、事前に各サイズをメジャーで測っておきましょう。

チンニングスタンド(懸垂マシン)のおすすめ6選

今回紹介するチンニングスタンドの比較表を作成しました。

ブランド名WASAIYouTenHAIGEBangTong&LiPYKES PEAKCOREBLADE
商品名ぶら下がり健康器ぶら下がり健康器懸垂マシンプラップバーM2パワータワー懸垂トレーニングマシンマッスルタワー
価格9,580円7,980円14,800円12,980円12,580円29,700円
耐荷重100kg100kg100kg150kg150kg170kg
サイズ幅68cm×奥行き76cm×高さ185~195cm幅103cm×奥行き75cm×高さ196~226cm幅123cm×奥行き110cm×高さ172〜235cm幅65cm×奥行き100cm×高さ約190~208cm幅90cm×奥行き70cm×高さ180~230cm幅108cm×奥行き115cm×高さ220cm
対象レベル初心者初心者中級者中級者上級者上級者
マイキー

マイキー

それぞれのチンニングスタンドに特徴があるので、一つずつ解説していきますね!

WASAIぶら下がり健康器

チンニングスタンド中でも絶大な人気を誇るのがWASAIのぶら下がり健康器です。

人気の理由は以下の5つ!

  • 日本メーカーが販売している
  • ホワイト・レッド・イエローの3色から選べる
  • 組み立てが簡単
  • コンパクトで場所を取らない
  • 女性でも握りやすいハンドルを採用

値段がお手頃にもかかわらず、メリットが多いのが特徴的です。

Amazonのレビューを見てみると、

「値段の割にしっかりしている!」
「見た目がおしゃれ!」
「コスパ抜群!」

など、良い意見がたくさんあります。

ただし、他のチンニングスタンドに比べて高さが低めなので、高身長の方には向いていません。

高ささえクリアできれば、文句なしの優秀なチンニングスタンドだといえるでしょう!

購入するなら人気のものが欲しい!という人は、WASAIのぶら下がり健康器だと間違いないですよ。

詳細情報
  • ブランド名:WASAI(ワサイ)
  • 商品名:ぶら下がり健康器
  • 価格:9,580円
  • 耐荷重:100kg
  • サイズ:幅68cm×奥行き76cm×高さ185~195cm

YouTenぶら下がり健康器

できるだけ安いチンニングスタンドが欲しい!という人には、YouTenのぶら下がり健康器がおすすめです。

というのも、10,000円以上するチンニングスタンドが多い中、YouTenのぶら下がり健康器は7,980円と低価格で手に入れることができます。

また、値段の安さだけでなく、以下のような魅力があります。

  • 高さを7段階に調整できる
  • 痛みを軽減するソフトグリップを採用している
  • H型支柱で耐久性に優れている
  • 高級感のある塗装を使用している

実際にAmazonで口コミを見てみると、

「最強の自重トレーニングマシン!」
「買って良かった!」
「値段以上の価値がある」

など、高評価の意見が目立ちました。

ただし、人気商品のため入手困難なのがデメリットです。

Amazonでも再入荷する度に即完売しています…

値段の安いチンニングスタンドを探している人は、YouTenのぶら下がり健康器を今すぐチェックしましょう。

在庫があればかなりラッキーですよ!

詳細情報
  • ブランド名:YouTen(ユーテン)
  • 商品名:ぶら下がり健康器
  • 価格:7,980円
  • 耐荷重:100kg
  • サイズ:幅103cm×奥行き75cm×高さ196~226cm

HAIGE懸垂マシンプラップバーM2

安定性に優れたチンニングスタンドといえば、HAIGEの懸垂マシンプラップバーM2です。

補強部分のフレームの厚みが最大2.9mmと肉厚で、歪み防止設計を採用しているため、ハードなトレーニングをしても揺れることがほとんどありません!

実際にAmazonの口コミには、

「骨太で安定している!」
「きしみもなく頑丈!」
「安心感がある!」

など、安定性の高さに満足している!という声が非常に多く見られました。

また、安定性以外にも以下のようなメリットがあります。

  • 人間工学に基づいて設計されているため、筋肉に効くフォームを取りやすい
  • ハンドルバー、レッグレスト、バックレストを細かく調整できる
  • グリップ(持ち手)のバリエーションが豊富

組み立てに時間がかかるというデメリットはありますが、家族や友人に手伝ってもらうとスムーズに行きますよ。

ぐらつきや歪みが心配!という人はHAIGEの懸垂マシンプラップバーM2で思う存分ハードなトレーニングに励みましょう!

詳細情報
  • ブランド名:HAIGE(ハイガー)
  • 商品名:懸垂マシンプラップバーM2
  • 価格:14,800円
  • 耐荷重:100kg
  • サイズ:幅123cm×奥行き110cm×高さ172〜235cm

BangTong&Liパワータワー

使い心地の良いチンニングスタンドを探している人には、BangTong&Liのパワータワーがぴったりです。

使い心地が良いといわれている理由は以下の3つ!

  • 安定性に優れた背もたれを採用している
  • 40mmの厚さの肘置きクッションを採用している
  • 滑り止め付きのソフトグリップを採用している

Amazonのレビューを見ても、

「背面にクッションがあるから当たっても痛くない!」
「グリップの握り心地が良い!」

など、使い心地の良さに言及している人が多いです。

ただし、想像以上に大きかった!という意見も多かったので、購入する前には必ず置き場所のサイズを確認しておくことをおすすめします。

ストレスなく筋トレがしたい!という人は、BangTong&Liのパワータワーで快適にトレーニングを始めましょう!

詳細情報
  • ブランド名:BangTong&Li 
  • 商品名:パワータワー
  • 価格:12,980円
  • 耐荷重:150kg
  • サイズ:幅65cm×奥行き100cm×高さ約190~208cm

PYKES PEAK懸垂トレーニングマシン

アフターケアがしっかりしているところで買いたい!という人には、PYKES PEAKの懸垂トレーニングマシンをおすすめします。

アフターケア重視の人におすすめする理由は以下の2つです。

  • 日本メーカーのため、何か問題が起きても日本人スタッフが丁寧に対応してくれる
  • 1年間の保証がついていて、不具合があれば無償でパーツ交換をしてくれる

筋トレグッズは海外製品のものが多く、購入した後に問題が起きても対応してもらえないことが多い中、PYKES PEAKは上記のようにアフターケアが充実しているのが特徴的です。

また、

  • 耐荷重が150kg
  • 機能性もデザイン性も高い
  • ワイドディップスやレッグレイズなど懸垂以外のトレーニングもできる

などのプラス面があるため、筋トレ上級者の人でも満足できるでしょう。

Amazonの口コミの中には、「もうこれでジムを退会する!」という声もありましたよ!

購入後のことが心配…という人は、安心の国内メーカーPYKES PEAKの懸垂トレーニングマシンをゲットしましょう!

詳細情報
  • ブランド名:PYKES PEAK
  • 商品名:懸垂トレーニングマシン
  • 価格:12,580円
  • 耐荷重:150kg
  • サイズ:幅90cm×奥行き70cm×高さ180~230cm

COREBLADEマッスルタワー

チンニングスタンドの最終形態といえば、COREBLADEのマッスルタワー。

大手スポーツ用品店のゼビオが販売しているということもあり、発売前から注目を浴びていました。

マッスルタワーがチンニングスタンドの最終形態と呼ばれる理由は以下の6つ。

  • 耐荷重が170kgと業界トップレベル
  • コの字特殊設計を採用しているため安定性抜群
  • フレームが肉厚で耐久性に優れている
  • 痛みを感じないようにソフトな手触りのグリップを採用している
  • トレーニングの幅を広げるために上部にグリップの箇所を増やしている
  • スペースを無駄にしないような設計で作られている

他のチンニングスタンドに比べて値段はやや高めですが、細かい部分にまでこだわりが見られるので、一度使用すると逆に安く感じるはずです。

ゼビオの店頭でも販売しているので、近くに店舗がある人は一度見学してみるのも良いですね。

せっかく買うなら高くても良いものが欲しい!という人はCOREBLADEのマッスルタワー一択ですよ!

詳細情報
  • ブランド名:COREBLADE(コアブレード)
  • 商品名:マッスルタワー
  • 価格:29,700円
  • 耐荷重:170kg
  • サイズ:幅108cm×奥行き115cm×高さ220cm

まとめ

今回はチンニングスタンドの選び方とおすすめ6選をお伝えしました。

紹介したチンニングスタンドの中でレベル別におすすめを聞かれたら、以下のように答えます。

  • 初心者:大人気の『WASAIぶら下がり健康器』
  • 中級者:使い心地抜群の『BangTong&Liパワータワー』
  • 上級者:チンニングスタンドの最終形態『COREBLADEマッスルタワー』

自分に合ったチンニングスタンドをゲットして、上半身を効率的に鍛えましょう!

さつき

さつき

チンニングスタンド以外の筋トレ商品を知りたい人は、以下の記事も読んでみてくださいね!

関連記事