筋トレグッズ(器具)をまとめました!

人気の筋トレ器具!ダンベルのおすすめ8選【最新版】

12 min 240 views

この記事は
・ダンベルが欲しいけど、どうやって選べば良いのかわからない!
・自分に合ったダンベルを見つけるのが面倒!
・自宅の筋トレを充実させたい!
という人向けに書きました。

ダンベルは、トレーニング器具の中でも断トツの人気を誇ります。

そんなダンベルにはメリットがたくさん!

  • 体のどんな部分でも鍛えられる
  • 種類豊富なトレーニングができる
  • 場所を選ばない

しかし、あまりにも数が多すぎて、選ぶのが大変ですよね…

そこで今回は、筋トレYouTuberの僕たちがダンベルの選び方を丁寧に解説します。

記事の後半では、おすすめのダンベルを8つ紹介するので、理想のダンベルに出会えるはずですよ!

さつき

さつき

自分にぴったりなダンベルを見つけて、女性にモテモテのマッスルボディーを手に入れましょう!

ダンベルの選び方

ダンベルを選ぶ際に注目したいポイントは以下の3つです。

  1. 種類
  2. 重さ
  3. 素材
マイキー

マイキー

それでは一つずつ解説していきます。

種類

まずはダンベルの種類を確認しましょう!

ダンベルには3つの種類があります。

  • 固定式ダンベル:重さが固定されているダンベル
  • 可変式ダンベル:重さが変えられるダンベル
  • ウォーターダンベル:ボトル式になっていて水を入れて使うダンベル

以下の表にそれぞれのメリットとデメリットをまとめているので、ぜひ参考にしてください。

種類メリットデメリット
固定式ダンベル・安い
・種類が豊富
・重さを変えることができない
可変式ダンベル・重さが変えられる・高い
ウォーターダンベル・安い・収納や持ち運びに便利・水を入れる手間がかかる

初心者であれば固定式ダンベルやウォーターダンベル、中級者以上であれば可変式ダンベルがおすすめですよ!

重さ

次にダンベルの重さに注目しましょう!

ダンベルを使ってトレーニングを行う場合、重さが重要になってきます。

しかし、重さといっても、今までダンベルを使用したことのない人はピンとこないですよね…

そんな時は以下の表をチェックしてみてください。

重量こんな人におすすめ
1〜3kg初心者・女性
4〜5kg中級者
6kg〜上級者

ゴリゴリに鍛えたい!という人は30kg以上を選ぶと良いですよ!

素材

最後に素材も見ておきましょう!

ダンベルは主に3つの素材から作られています。

素材メリットデメリット
鉄(アイアン)・安い・さびやすい
・床を傷つけやすい
ラバー・床を傷つけにくい・高い
メッキ・耐久性に優れている・床を傷つけやすい

自宅で利用する場合、ラバー素材がおすすめですが、鉄やメッキ素材でもトレーニングマットを利用すれば、床の傷を防止できますよ!

ダンベルのおすすめ8選

初心者向けから上級者向けまで買って損のないダンベルを8つ厳選しました!

さつき

さつき

それでは、僕たちが厳選したおすすめのダンベルを一つずつ紹介していきます!

MOJIダンベル

オーソドックスなダンベルといえば、MOJIのダンベルです。

Amaozonの売れ筋ランキングで1位になるほど人気があります。

人気の理由は以下の4つ!

  • カラーバリエーションが豊富
  • 水洗いができる
  • 耐久性が強い
  • 触り心地が良い

固定式で重さを変えることはできませんが、値段もお手頃なので買って損はありません!

口コミにも、

「重量とカラーが選べるのが良い!」
「可愛いだけでなく実用的!」
「使いやすくて、コスパ抜群!」

などの高評価の意見が多いです。

定番のものが欲しい!という人にもってこいのダンベルですよ!

詳細情報
  • ブランド名:MOJI(モジ)
  • 商品名:ダンベル
  • 値段:1,999円〜
  • 種類:固定式
  • 重さ:1〜10kg
  • カラー:ブルー・ブラック・ブルー・パープル・ピンク
  • 素材:PVC

エレコムエクリアスポーツスリムダンベル

女性にぴったりのダンベルといえば、エレコムのエクリアスポーツスリムダンベルです。

女性におすすめしたいポイントは以下の3つ。

  • 色が可愛い
  • 重さが0.5kgきざみ
  • 引き出しに入るほどスリム

実際にレビューを見ると、

「重ねて調整しても持ちやすく安定してる!」
「おしゃれで飾っておくのも良い!」
「スタイリッシュで可愛い!」

など女性からの意見がたくさんあります。

可変式ではありませんが、重ねて使うこともできるので使い勝手抜群です。

どのダンベルを使えば良いかわからない…という女性の方は、ぜひエレコムのエクリアスポーツスリムダンベルを確認してみてくださいね!

詳細情報
  • ブランド名:エレコム
  • 商品名:エクリアスポーツスリムダンベル
  • 値段:580円〜
  • 種類:固定式
  • 重さ:0.5〜2kg
  • カラー:ピンク・グリーン・オレンジ・ブルー
  • 素材:記載なし

YouTenダンベル

コスパの良いものを探している人には、YouTenのダンベルがおすすめです。

というのも、以下の5つのメリットがあるにもかかわらず、5,000円台で購入することができます。

  • プレートを付け替えることで重さを変えられる
  • 付属のジョイントシャフトで連結するとバーベルにできる
  • ポリエチレンでコーティングされているため静音性が高い
  • グリップ(持ち手)が握りやすい
  • 段差加工をしているため転がりにくい

10kg・20kg・30kgと重さが選べるようになっているので、ダンベル初心者からも人気があります。

サイズがやや大きいというデメリットはありますが、値段以上の価値を感じられるコスパ抜群のダンベルです!

詳細情報
  • ブランド名:YouTen(ユーテン)
  • 商品名:ダンベル
  • 値段:2,980円〜
  • 種類:可変式
  • 重さ:20〜60kg
  • カラー:ブラック
  • 素材:セメント化合物・ポリエチレン・プラスチック

IROTECラバーダンベル

筋トレ上級者が口を揃えておすすめしているのが、IROTECのラバーダンベルです。

上級者が激推しする理由は以下の5つ。

  • スポーツ専門ブランドとして評価の高いIROTECの人気商品
  • 床を傷つけにくい
  • 音や衝撃を緩和してくれる
  • 可変式で重さを変えられる
  • レッドカラーがかっこ良い

また、口コミ評価が高いのも魅力の一つです。

以下に実際に使った人の意見をまとめてみました。

「品質が良く満足!」
「多くのトレーニーが使っている理由がよくわかる!」
「買って良かった!最高!」

ラバーリングを自分でつける必要がありますが、その手間を考えても十分に満足できるダンベルです。

IROTECのラバーダンベルでトレーニングをして、筋トレ上級者レベルに仲間入りしましょう!

詳細情報
  • ブランド名:IROTEC(アイロテック)
  • 商品名:ラバーダンベル
  • 値段:12,210円
  • 種類:可変式
  • 重さ:40kg
  • カラー:レッド
  • 素材:記載なし

adidasトレーニングネオプレンダンベル

ブランドにこだわりたい人にはadidasのトレーニングネオプレンダンベルが最適です!

というのも、デザイン性だけでなく、機能性も高いという特徴があるからです。

詳しいメリットは以下に記載しています。

  • 大きいロゴ入りでかっこ良い
  • ダンベルに重量が鮮明に書かれている
  • 耐衝撃性に優れている
  • 床に置いても転がりづらい
  • 汗をかいてもグリップが握りやすい

基本的な機能しかついていませんが、1,079円から購入できるので、サブ用としても持っておきたいダンベルです。

せっかく買うならブランド物が良い!という人は、adidasのトレーニングネオプレンダンベルをゲットして、周りに自慢しましょう!

詳細情報
  • ブランド名:adidas(アディダス)
  • 商品名:トレーニングネオプレンダンベル
  • 値段:1,079円〜
  • 種類:固定式
  • 重さ:1〜5kg
  • カラー:ブラック
  • 素材:鉄・ポリマー

TOPFILM3wayアジャスタブルダンベルセット

ダンベルだけで体を鍛えたい!という人には、TOPFILMの3wayアジャスタブルダンベルセット一択です。

その理由はセット内容が充実していること!

例えば、20kgのセットは以下のものが入っています。

  • 0.5kgのプレート×4
  • 1.25kgのプレート×4
  • 2.5kgのプレート×4
  • シャフト×2
  • 延長用シャフト
  • 収納ケース
  • 汗拭きタオル

これだけ揃っていれば筋トレの幅も広がり、もはやジム要らずです。

器具独特の臭いがするというマイナス面がありますが、トレーニングするには何の問題もありません。
(ちなみに、それでも臭いが心配…という人は水気のあるタオルで拭えば気にならなくなりますよ!)

ダンベルで本格的なトレーニングがしたい!という人は、TOPFILMの3wayアジャスタブルダンベルセットを使って、理想の体を手に入れましょう!

詳細情報
  • ブランド名:TOPFILM (トップフィルム)
  • 商品名:3wayアジャスタブルダンベルセット
  • 値段:7,280円〜
  • 種類:可変式
  • 重さ:20〜50kg
  • カラー:ブラック
  • 素材:鉄・スチール・ラバー

Woutバーベルにもなるダンベル

サポートがしっかりしているダンベルを探しているなら、Woutのバーベルにもなるダンベルがぴったりです!

  • 30日間、返品・返金ができる
  • 日本語説明書とWout特製トレーニングマニュアルが付いてくる
  • 何かあれば日本人スタッフが迅速に対応してくれる

と、他のダンベルに比べてサポートが充実しています。

重さや形式を変えたりする時に少し手間を感じますが、『Amazon5つ星セレクション』という雑誌にも取り上げられたので信頼性もバッチリです!

購入してから何か問題があったら心配…という人は、Woutのバーベルにもなるダンベルだと安心ですよ!

詳細情報
  • ブランド名:Wout
  • 商品名:バーベルにもなるダンベル
  • 値段:3,999円〜
  • 種類:可変式
  • 重さ:20〜40kg
  • カラー:レッド
  • 素材:記載なし

シンファ2.2Lダンベルウォーターボトル

ウォーターダンベルを使いたい!という人は、シンファの2.2Lダンベルウォーターボトルが良いでしょう。

おすすめする理由は以下の3つです。

  • 2.2リットルと大容量
  • カラフルで見た目が良い
  • 水筒がわりにも使える

他のウォーターダンベルと大きく違うのは、水筒としても使えること。

トレーニング中に水分補給ができるので、かなり便利です。

水を入れる手間はかかりますが、手軽さは今回紹介した中でも1番!

ユニークなシンファのウォーターダンベルを持ち歩けば、注目の的になるかもしれませんね!

詳細情報
  • ブランド名:シンファ
  • 商品名:2.2Lダンベルウォーターボトル
  • 値段:1,197円〜
  • 種類:ウォーター
  • 重さ:記載なし
  • カラー:ブルー・イエロー・グリーン・ブラック・ピンク
  • 素材:プラスチック

まとめ

今回は、僕たちがおすすめするダンベルを8つ紹介しました。

ダンベル一つあれば、簡単なエクササイズから本格的な筋トレまで、幅広いトレーニングができます。

この記事を参考に自分に最適なダンベルを見つけて、憧れの肉体美を手に入れましょう!

マイキー

マイキー

ダンベル以外のトレーニング器具を知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてください!

関連記事