筋トレグッズ(器具)をまとめました!

スーパーボディコンテストの初心者向けガイド【参加資格・審査基準・エントリー方法をわかりやすく解説!】

8 min 38 views

この記事は、
・スーパーボディコンテストってどんな大会なの?
・スーパーボディコンテストの公式サイトを見ても、エントリー方法がわからない…
・せっかくならメリットの多い筋肉系大会に参加したい!
という人向けに書きました。

最近のフィットネスブームにより、全国各地で様々なボディビルコンテストが開催されています。

今回は、そんなボディメイクコンテストの中でも芸能関係者も注目する『スーパーボディコンテスト』をご紹介します。

この記事を読むことで「これからスーパーボディコンテストに出場したいけれど、エントリー方法が分からない」「スーパーボディコンテストって、どんな大会なの?」といった疑問やお悩みを解決することができます。

マイキー

マイキー

スーパーボディコンテストの完全ガイドです。
僕たち筋トレYouTuberが初めて大会に出場する人にもわかりやすく解説します!

スーパーボディコンテストとは

スーパーボディコンテストとは『株式会社SBC』が主催するボディビル大会の1種です。

特徴は、アーティストマネジメント会社『A-Sketch』が協賛していることで、コンテストで入賞すれば芸能活動に繋がる可能性もあります。

その他にも優勝者には10〜100万円の賞金が発生する『エンターテイメント性』の高いボディビル大会です。

大会概要について更に詳しく知りたい人は、ぜひ一度公式サイトの一読をおすすめします。

さつき

さつき

大会の雰囲気が知りたい人は

アーティストマネジメント会社『A-Sketch』について

スーパーボディコンテストの宣伝協力として携わる『株式会社A-Sketch』はアーティストのマネジメント事業会社。

あのONE OK ROCKやflumpoolのプロデュースを行なっているかなり実績のある会社です。

コンテストには、A-Sketch関連の芸能関係者も観戦に来るため、大会で好成績を収めれば芸能界入りできる可能性もあります。

フィットネスモデルとして、芸能界入りを目指している人には絶好のコンテストです。

部門の種類

スーパーボディコンテストには『Super Body Contest』と『SBC Trend』の2つの部門があります。

評価ポイントも2つの部門で異なるので、後でお話しする審査基準のチェックが必須です。

出場条件

スーパーボディコンテスト出場において、特別な資格は必要ありません。

特に出場条件を設けておらず、誰でも参加できることが、スーパーボディコンテストの魅力でもあります。

但し、未成年の方が大会に出場するためには『法定代理人の同意書』が必要です。

参加資格

スーパーボディコンテストに出場する選手の特徴を『年齢・身長・体脂肪率・筋肉量』の4つに分けて解説します。

同じコンテストでも、カテゴリーによって筋肉量や体脂肪率は異なります。

特にスーパーボディコンテストは『年齢』によってクラス分けが行われますので、自分が該当するクラスは必ずチェックしてください。

年齢

スーパーボディコンテストは、年齢別にクラス分けが行われます。

2つのカテゴリーの男女別クラス分けは以下の通りです。

カテゴリー名Super Body Contest
男子
Super Body Contest
女子
SBC Trend
男子
SBC Trend
女子
クラス・EPIC:18〜25歳
・DUKE:26〜35歳
・LEGEND:36〜45歳
・KING:46歳〜
・CHARM:18〜25歳
・ELEGANT:26〜35歳
・MONARCH:36〜45歳
・QUEEN:46歳〜
・EPIC:18〜39歳
・LEGEND:40歳〜
・CHARM:18〜39歳
・MONARCH:40歳〜

身長

スーパーボディコンテストは他団体のボディビル大会とは違って、身長別にクラス分けが行われません。

また、FWJやJBBFのボディビル部門の様な筋肉量は求められていないため、身長が高い方が少し有利な傾向にあるようです。

体脂肪率

スーパーボディコンテストでは、一般的に6〜8%の体脂肪率が基準となります。

これは、主に他団体のフィジーク選手くらいの体脂肪率です。

逆にボディビルの様な体脂肪率3〜5%まで絞りこんでしまうと『減点対象』となってしまうので、注意が必要です。

筋肉量

あくまで『より格好よく、より美しい体』が評価されますので、過度に発達した筋肉は評価を下げてしまいます。

もちろん、筋肉の一部分のみが発達していることも減点ポイントですので、日頃のトレーニングから全身をバランスよく鍛える意識が大切です。

多くの筋肉量は必要ないため、筋トレ歴が浅い人でも、十分入賞の可能性はあるといえます。

審査基準

スーパーボディコンテスト2部門、計4クラスの審査基準についてお話しします。

大会参加者にとっては、最重要ポイントですので審査基準は頭に入れておくことが必須です。

Super Body Contest男子

Super Body Contest男子の審査基準は、『トータルバランス』です。

腹筋はドライな質感が求められますので、しっかりと絞りこむ必要がありますが、他団体のフィジークやボディビル部門に比べると求められる筋肉量は少ないです。

『過度に発達した広背筋は審査では重要視されない』と公式サイトにも書かれていることから、筋肉の多さではなく、全身のバランスの良さが評価されることになります。

Super Body Contest女子

Super Body Contest女子は、『健康的なスタイル』が審査基準で、女性らしいシルエットが評価されます。

他団体のビキニ(部門)程度の『筋肉量』や『絞り』が求められており、過度に発達した筋肉は減点対象です。

『腹筋は引き締まった腹部。縦、横、割れていても構わない』ということで、あくまで女性らしさを意識した審査基準となっています。

SBC Trend男子

SBC Trend男子は、Super Body Contestよりも『細身な体』が審査基準であることから、過度な筋発達や絞りは必要ありません。

筋トレを始めたばかりの人や大会初参戦の人におすすめのカテゴリーです。

SBC Trend女子

SBC Trend女子も『Super Body Contest女子』の入門的なカテゴリーです。

求められる筋肉量や絞りの基準は決して高くないので、筋トレ初心者の方でも気軽にエントリーすることができます。

大会の流れ

スーパーボディコンテストは以下の進行手順で行われます。

  1. エントリー及び書類審査
  2. 地方予選
  3. 東京で決勝大会

地方予選で決勝に残った上位5名が『TOKYOFINAL』という決勝大会に出場する権利を得ます。

さらに、TOKYOFINALの各クラスの優勝者は『Champion of The Show』というスーパーボディコンテストの頂点を決める決定戦に参戦できます。

スーパーボディコンテストへのエントリー方法

スーパーボディコンテストへのエントリー方法はシンプルで、公式サイトから必要事項を入力するだけです。

他団体の様なエントリーカードなどの発行の手間もなく、簡単に行うことができます。

ただし、このエントリーが書類審査も兼ねていますので、丁寧に入力する必要があります。

また、スーパーボディコンテストに出場する選手はFWJ(旧NPCJ)とJBBFの大会には参戦できません。

これは、FWJとJBBF側の取り決めとして、他団体選手が自団体の大会に出場することを認めていないからです。

もし、複数の団体の大会に参加したいのであれば、FWJとJBBF以外が主催するコンテストへの出場をおすすめします。

参加するにあたって必要な費用

スーパーボディコンテストに参加するための費用を以下の3つに分けて解説します。

  1. エントリー費
  2. ユニフォーム代
  3. セミナー料

セミナー料以外はコンテスト参加に欠かせない費用ですので、大会参加前に必要な費用は計算しておくことをおすすめします。

エントリー費

スーパーボディコンテストへのエントリー費は以下の通りです。

  • エントリー費:11,000円
  • ダブルエントリー費:16,500円

ダブルエントリー時は、1エントリー分の半額で2部門目に参加することができます。

初心者の方は、大会の雰囲気に慣れるためにも『Super Body Contest』と『SBC Trend』の両カテゴリーに出場するのもおすすめです。

ユニフォーム代

大会に出場するためには、舞台で着用する衣装を購入する必要があります。

ユニフォームについては、自前のものでも着用可能ですが、サーフパンツ(男子予選用)とビキニ(女子決勝用)以外は大会公式サイトからも購入できます。

ユニフォーム選びを迷われている方は、そちらからの購入がおすすめです。

以下に公式のユニフォーム費と公式以外のおおよその相場をまとめてみました。

ぜひ参考にしてください。

  • 男子予選用サーフパンツ:4,000円〜8,000円
  • 男子決勝用アンダーウェア(公式):4,400円
  • 女子予選用トップス(公式):4,400円
  • 女子予選用ショートパンツ(公式):3,300円
  • 女子決勝用ビキニ:5,000〜8,000円
  • 女子予選、決勝用ヒール(公式):16,500円

セミナー料

スーパーボディコンテストでは、ポージングやその他大会に必要な事を座学・実践含め指導してくれるセミナーが開催されています。

ベスト・ボディ会長である『木下智愛さん』も個人レッスンを受け持つなど、非常に充実した講師陣となっています。

下記はレッスンの一部です。

気になる人は公式サイトもあわせて確認してください。

  • グループレッスン90分:8,800円
  • グループレッスン45分:4,400円
  • 木下智愛、個人レッスン50分:22,000円
  • 木下智愛、個人レッスン100分:44,000円
  • 名取尚美、個人レッスン50分:18,700円
  • 星乃あんり、個人レッスン50分:18,700円

スーパーボディコンテストに関するQ&A

スーパーボディコンテストは2019年に初めて大会が開催された、比較的新しいコンテストです。

そのため、コンテストに関しての情報が少なく、不明点が多い方も少なくないのではないかと多います。

ここでは、スーパーボディコンテストに関する疑問やお悩みについて解説していきます。

マイキー

マイキー

筋トレYouTuberの僕たちがスーパーボディコンテストに関する疑問や悩みを解決します!

スーパーボディコンテスト出場に向けておすすめのトレーニングメニューや食事を教えてください。

コンテスト出場にあたって『トレーニング』と『食事』は重要なポイントです。

この2つをいかに上手に行えるかが、大会で勝つことができるかを決定します。

以下に、コンテスト出場に向けてのトレーニングと食事の基本となるポイントを詳しく記載しました。

トレーニングメニュー

コンテスト出場を既に決めている人は、強度をより一層高めて日々のトレーニングに励んでいるはずです。

しかし、大会出場を目指す選手の中には、トレーニング強度を高め過ぎてコンテスト前に怪我をしてしまう人もいます。

以下のポイントを意識するだけで、『思わぬ怪我を防ぐこと』と『より大会で勝てる体に近づくこと』ができます。

  • トレーニングは多くても週に5回、分割して行う:減量食による摂取エネルギー減少時は体も疲れやすくなる。積極的な回復が必須。
  • 有酸素運動を取り入れ過ぎない:減量初期は多くても週2回。有酸素運動は体の酸化を高め、疲労を助長するため。
  • インターバルを少なくする(10〜30秒程度):あえてインターバルを短くすることで、心拍数を高め、体脂肪減少に繋げる。

食事

食事はトレーニングと同じく、コンテストで勝つために非常に重要な要素です。

現在、様々な『減量食』が紹介されていますが、どの様なダイエットを行うにしても基本は同じです。

以下の点を意識して食事を摂取することで、より効率良く減量を行うことができます。

  • 間食を取り入れる:あまりにも空腹な時間が続くと、体は筋肉を分解しエネルギーとする。間食を取り入れることで『筋分解』を防ぐことができる。
  • タンパク質の補給は、必ずビタミンB6も同時に摂取する:ビタミンB6はタンパク質の吸収に必須。減量中に多めに摂取したタンパク質を無駄にしないため。
  • グルタミンを摂取する:グルタミンには『筋分解抑制』『免疫力向上』と減量期には欠かせない要素を持つ。ダイエット時の強い味方となる。

食事だけでタンパク質を摂取するのが難しいと感じる人は、プロテインを飲むことをおすすめします。

間食としても取り入れられるので、トレーニーの強い味方です。

スーパーボディコンテストに出場する際は公式のサーフパンツやビキニを購入する必要がありますか?

スーパーボディコンテストでは、規定に則ったユニフォームであれば、自前の物でも出場可能です。

尚、サーフパンツ(男子予選用)とビキニ(女子決勝用)以外の衣装は、公式サイトでも販売されています。

参加する多くの選手が公式ユニフォームを着用しているため、もし出場を検討されているならば、以下のサイトからの購入が無難です。

ポージングセミナーやウォーキングレッスンを受けないと優勝するのは難しいですか?

ポージングセミナーを受けなければ、勝てない訳ではありません。

しかし、ポージングは奥が深く、基本を学ぶことは非常に重要です。

また、オンラインセミナーならば無料で受講することもできます。

「ボディビル大会初参戦!」という方は、ぜひ一度セミナーへの参加をおすすめします。

2019年度の出場選手や結果を教えてください。

2019年度の第一回大会では、佐藤スティーブ選手と宮尾めぐみ選手が、それぞれ『Champion of The Showチャンピオン』となりました。

この2人の特徴は、どちらもダンサーであること。

また、佐藤スティーブ選手はフィットネスモデルでもあります。

このことから、スーパーボディコンテストには芸能界を意識した選手が積極的に参加していることがわかります。

以下、入賞者を一部ご紹介します。

クラス名EPIC
(18~25歳)
DUKE
(26~35歳)
CHARM
(18〜25歳)
ELEGANT
(36~45歳)
受賞者1位:脇坂昌平選手
2位:渡辺寛之選手
3位:小林正弥選手
1位:佐藤スティーブン選手
2位:町山真澄選手
3位:安武和重選手
1位:徳永悠里選手
2位:渡邊彩理選手
3位:岩間あずさ選手
1位:宮尾めぐみ選手
2位:松永美帆選手
3位:小野塚久美選手

優勝したらどんなメリットがありますか?

スーパーボディコンテストの1番の魅力は、入賞・優勝がそのまま芸能活動に繋がることです。

2019年のファイナル優勝者の2名は、SBC公式サイトにて全面広告起用されています。

特にスーパーボディコンテストにはアーティストマネジメント会社『A-Sketch』の関係者も観戦します。

優勝できなかったとしても、そういった人達の目に留まれば芸能界入りも可能です。

賞金について詳しく教えてください。

スーパーボディコンテストの魅力の一つは『賞金』が発生することです。

コンテスト入賞で得られる賞金は以下の通りです。

  • Champion of The Show:100万円
  • TOKYO FINAL各クラス第1位:10万円
  • TOKYO FINAL各クラス第2位:5万円
  • TOKYO FINAL各クラス第3位:3万円

日本のアマチュアコンテストで賞金が発生する大会は稀です。

賞金獲得をモチベーションとして、参加してみることも良いかもしれませんね。

ベストボディジャパンに比べて難易度は高いですか?

一概にどちらの大会のレベルが高いかは、断言できません。

しかし、スーパーボディコンテストはベストボディジャパンに比べれば大会開催回数も少なく、認知度も高くはありません。

2019年度に第一回大会が開催されたばかりで、選手の参加人数も決して多くはないので、ベストボディジャパンよりは入賞する確率は高いです。

まとめ

スーパーボディコンテストは『芸能界入り』と『賞金』が一度に手に入る夢のあるコンテストです。

大会開催回数も少なく、FWJやJBBFと比べれば参加人数も少ないので、初心者でも入賞の可能性は十分あります。

コンテスト未経験の方も、ぜひ一度『スーパーボディコンテスト』に挑戦してみてくださいね。

さつき

さつき

この記事を参考にスーパーボディコンテストにチャレンジして、芸能界への切符と賞金を手に入れましょう!

関連記事