美女トレーナーが在籍する男性向けパーソナルジム特集

パワーボールのおすすめランキング10選【手首・握力・前腕を強化できる筋トレグッズ】

23 min 619 views

この記事は、
・パワーボールが欲しいけど、どれが良いかわからない
・手首・握力・前腕をメインに鍛えたい
・握力トレーニングにおすすめのグッズが欲しい
という人に向けて書きました。

パワーボールとは、腕や肩、握力を鍛えられる筋トレ器具。
(別名:スナップボール、リストボール、ツイストボール)

野球ボール程度の大きさで、場所を選ばず気軽に使えることでも人気を集めています。

しかし、さまざまなメーカーから販売されており、「どれが良いかわからない」という人もいるでしょう。

そこで今回は、パワーボールの選び方とおすすめの商品10選を紹介します。

ゆーや

ゆーや

記事の後半では、パワーボールの効果や使い方も解説するので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

パワーボールの選び方

パワーボールを選ぶ際に押さえておきたいポイントは、重量・回転数&負荷・機能の3つです。

まずは重量をチェック

パワーボールの重量は200〜300gと幅広く、重さがあるほど負荷が大きくなります。

結論、初心者なら200g前後、上級者なら250g以上がおすすめ。

回転数で負荷を調節することもできるので、あまり重すぎないものを選ぶのがポイントです。

自分に合った回転数&負荷を選ぼう

パワーボールは、内部にあるローターが高速で回転することにより、圧を分散させずに負荷をかけて筋肉を鍛えられる商品です。

回転数が増えるにつれ、より負荷がかかりますが、回転数と負荷の大きさは製品によって異なります。

ゆーや

ゆーや

例として、RPM SPORTSの2種類のパワーボールを比較してみましょう。
RPMとは1分間の回転数です。

商品名最大回転数最大負荷
280Hz オートスタートクラシック18,000RPM16kg
250Hz オートスタートクラシックライト15,000RPM14kg

280Hz オートスタートクラシックは1分間の回転数が18,000回の時に16kg、250Hz オートスタートクラシックライトは1分間の回転数が15,000回の時に14kgかかるということになります。

回転数はコントロールできますが、初心者なら負荷が低め、上級者なら負荷が高めの製品を選ぶと良いでしょう。

使いやすい機能が付いているかも確認しておこう

以下のような使いやすい機能が付いていると、より便利です。

  • オートスタート:ゼンマイを巻くだけで回転させられる
  • カウンター:負荷の大きさを目で確認できる
  • LEDライト:遊び感覚でトレーニングできる

そのほか、静音設計だと音を気にせず使用できます。

パワーボールのおすすめランキング10選

選び方はわかったものの、「自分で探すのは面倒!」という人のために、本当におすすめできるパワーボールを厳選しました。

商品名価格回転数&負荷重要機能
1位:RPM SPORTS
280Hz オートスタートクラシック
4,054円18,000RPM/16kg(最大)260gオートスタート、静音
2位:NSD
Spinner
4,180〜15,904円5,000RPM/7.39kg264gオートスタート、カウンター、静音
3位:ACEFITS
ツイストボール
2,000円記載なし200gオートスタート、静音
4位:RPM SPORTS
250Hz オートスタートクラシックライト
2,980円16,000RPM/15Kg(最大)260gオートスタート
5位:Bodytech
スナップボール
2,277円記載なし273gオートスタート、カウンター
6位:db-gym
スナップボール
2,250円記載なし記載なしオートスタート
7位:Lyugym
パワースピナー
1,480円記載なし260gオートスタート
8位:RPM SPORTS
ハイブリッド オートスタートクラシック
9,424円18,000RPM/27Kg(最大)360gオートスタート、カウンター、静音
9位:Four Piece
トレーニングボール
1,980円記載なし記載なしオートスタート、静音
10位:CRRJU
スナップボール
1,399円8,000RPM/14kg(最大)260gオートスタート、カウンター
ゆーや

ゆーや

製品について詳しく知りたい人は、このまま本文を読み進めてください。

1位:RPM SPORTS 280Hz オートスタートクラシック

RPM SPORTSの280Hz オートスタートクラシックは、高性能のローターを搭載し、振動を抑えているのが特徴。

従来のパワーボールよりも静音性が増し、バランスのいい滑らかな使い心地を実現しています。

また、オートスタート機能がついており、トレーニングを始める際に手間がかからないのもメリット。

重量は260gですが、最大16kgの負荷をかけられるため、トレーニング上級者でも納得の商品です。

詳細情報

・価格:4,054円
・回転数&負荷:18,000RPM/16kg(最大)
・重量:260g
・機能:オートスタート、静音

2位:NSD Spinner

NSD Spinnerは、世界中で愛用されている人気のパワーボールです。

静音性に優れており、音を気にせずに快適なトレーニングができます。

オースタートのほか、カウンター機能がついている製品も選べ、負荷のかかり具合をチェックしたいときも便利。

素材にはポリカーボネートを採用し、高い耐久性や耐衝撃性を備えているのもおすすめポイントです。

詳細情報

・価格:4,180〜15,904円
(機能や種類によって価格が異なる)
・回転数&負荷:5,000RPM/7.39kg
・重量:264g
・機能:オートスタート、カウンター、静音

3位:ACEFITS ツイストボール

ACEFITSのツイストボールは、紐がなくても簡単に使えるオートスタート機能付きです。

ボールの中心にある矢印の方向に向かって回せば、自動的に回転がスタートします。

負荷は無段階で変動し、軽めのトレーニングからハードトレーニングまで幅広く対応。

価格も安めなので、コスパを重視している人にもぴったりです。

詳細情報

・価格:2,000円
・回転数&負荷:記載なし
・重量:記載なし
・機能:オートスタート、静音

4位:RPM SPORTS 250Hz オートスタートクラシックライト

250Hz オートスタートクラシックライトは、LED機能がついた遊び心のあるパワーボール。

回転数によって発光するカラーが異なるので、楽しみながらトレーニングができます。

280Hz オートスタートクラシックよりも最大回転数・最大負荷は低く、価格がお手頃なので、トレーニング入門〜初級者に最適

耐久性にも優れているので、誤って落としてしまっても安心です。

詳細情報

・価格:2,980円
・回転数&負荷:16,000RPM/15Kg(最大)
・重量:260g
・機能:オートスタート

5位:Bodytech スナップボール

ボディテックのスナップボールは、ユーザー想いのパワーボールです。

オートスタートやLEDなど機能が充実しているのが魅力。

また、ストラップがついており、持ち運びにも優れています

7×7.5cmと握りやすいサイズ感なので、トレーニングに集中しやすいと好評です。

詳細情報

・価格:2,277円
・回転数&負荷:記載なし
・重量:273g
・機能:オートスタート、カウンター

6位:db-gym スナップボール

db-gymのパワーボールは、余計な機能を搭載しておらず、シンプルで使いやすい商品です。

黒を基調にしたクリアカラーで、洗練されたデザインなのも人気の理由のひとつ。

ジャイロ回転式のローターを使った負荷をかけることで、手首や指の強化、握力強化まで、幅広いトレーニング用途で使えます。

価格も安めに抑えられており、男性はもちろん女性にもおすすめの商品です。

詳細情報

・価格:2,250円
・回転数&負荷:記載なし
・重量:記載なし
・機能:オートスタート

7位:Lyugym パワースピナー

Lyugymのパワースピナーは、安さが売りのパワーボールです。

リーズナブルでありながら、オートスタート機能もついており、使いやすさにも定評があります。

ブラックカラーをベースにしたデザインで、シンプルな作りが好きな人にもうってつけです。

ただし、サイズが7.4×8.2cmとやや大きめなので、手が小さい人や女性が使う場合は注意しましょう。

詳細情報

・価格:1,480円
・回転数&負荷:記載なし
・重量:260g
・機能:オートスタート

8位:RPM SPORTS ハイブリッド オートスタートクラシック

ハイブリッド オートスタートクラシックは上級者向けのパワーボール

重量360gで、最大27Kgの負荷がかけられるのが特徴です。

高性能の亜鉛ローターを採用しており、回転中の振動がほとんどないのもメリット。

価格は高めですが、高負荷のトレーニングがしたい人はハイブリッド オートスタートクラシック一択です。

詳細情報

・価格:9,424円
・回転数&負荷:18,000RPM/27Kg(最大)
・重量:360g
・機能:オートスタート、カウンター、静音

9位:Four Piece トレーニングボール

オート機能付きのFour Pieceのトレーニングボール。

シンプルで使い勝手のいいタイプなので、筋力アップを目的としたトレーニングをはじめ、腕のたるみが気になる女性やダイエット目的の人にもおすすめ。

2,000円程度で購入できるため、パワーボールデビュー用として使うと良いでしょう。

ただし、重量や回転数、負荷などが商品ページに記載されていないのは残念です。

詳細情報

・価格:1,980円
・回転数&負荷:記載なし
・重量:記載なし
・機能:オートスタート、静音

10位:CRRJU スナップボール

DUKKOREのパワーボールは、デジタルカウンターで通算回転数や現時点の回転数などを細かくチェックできるため、トレーニング管理をしたい人にもってこい。

ジャイロ式のLEDライトを搭載しており、飽きることなく楽しく鍛えられるのも魅力。

回転数8,000RPMで14kg相当の負荷をかけられるので、初心者から上級者まで幅広い層におすすめです。

また、激安なので、値段の安さを重視する人にも向いています。

詳細情報

価格:1,399円
回転数&負荷:8000RPM/14kg(最大)
重量:260g
機能:オートスタート・カウンター

パワーボールに関するQ&A

パワーボールに関するよくある質問に、Q&A形式でお答えします。

パワーボールは効果ないって本当?鍛えられる筋肉は?

パワーボールが効果がないというのはあくまでも噂です。

正しい使用方法でトレーニングすれば、腕や肩の筋肉や握力を鍛えることができます

パワーボールの使い方は?おすすめのトレーニングメニューも教えて!

パワーボールの使い方はシンプルで、中のローラーを回転させ、手首を回すだけです。

紐付きのタイプは、紐をローラーに巻きつけ、紐を引っ張ることで回転させられます。

紐なしのタイプは、矢印の方向にローラーを回せばOKです。

おすすめのトレーニングメニューは、鍛えたい部位によって異なります

例えば、二の腕に効かせたい場合は、パワーボールを肘を曲げて肩より上の位置で持つと効果的。

パワーボールを下に向けて回すと、肩をメインに鍛えることができます。

やりすぎると腱鞘炎になる?

パワーボールは、リハビリやテニス肘の治療にも使われるトレーニンググッズです。

しかし、使い方を誤ったり、やりすぎると手首を痛める可能性はあります。

無理せず、自分のペースで行うようにしましょう。

購入できる場所は?

パワーボールは筋トレグッズの中でもマイナーなので、スポーツ店でも取り扱われていないことがあります。

Amazonや楽天などのオンラインショップだと、種類豊富な上、低価格で手に入れられるのでおすすめです。

パワーボールは手入れが必要?

パワーボールは定期的な手入れは不要です。

汗などで汚れた場合は、タオルで乾拭きすると良いでしょう。

まとめ

パワーボールは、手首・握力・前腕などを同時に鍛えらえる便利な筋トレアイテムです。

この記事で商品のなかだと、高性能で使いやすいRPM SPORTSの280Hz オートスタートクラシックや世界中で愛用されているNSD Spinnerのパワーボールがおすすめ。

重い負荷をかけて追い込みたい筋トレ上級者には、RPM SPORTS ハイブリッド オートスタートクラシックがぴったりです。

ゆーや

ゆーや

そのほか、価格の安いパワーボールや遊び心満載のパワーボールなどもあるので、自分の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

関連記事