筋トレグッズ(器具)をまとめました!

今流行の筋トレ女子あるある10選【最新版】

6 min 54 views

この記事は、
筋トレあるあるの女性版が知りたい!
という人に向けて書きました。

女性芸能人やモデルも実践し、カッコいい女性トレーナーなどでも話題になっている筋トレ。

一般女性にも浸透しはじめ、ジムでは多くの女性が日々トレーニングに精を出しています。

そんな多くの筋トレ女子には、ストイックに鍛えているからこその”あるある”が存在することをご存じでしょうか?

思わず納得、時にはクスっと笑っちゃう筋トレ女子あるある。

トレーニング初心者でも、知っているだけでジム通いがもっと楽しくなるかもしれません。

さつき

さつき

是非、最後までお付き合い下さい!

筋トレ女子あるある10選

トレーニングを始めたばかりのあなたの目には、ジムで鍛えてる女性たちがカッコよく映る事でしょう。

ですが、そんな女性たちには、ありがちな行動パターンがあるのです。

そんな筋トレ女子あるあるの中でも、選りすぐりの10選をお送りしたいと思います。

マイキー

マイキー

さっそく順番に見ていきましょう!

筋トレウェアにこだわりがち

筋トレをスタートする時は、体型を気にしているのでゆったりめのTシャツとパンツを着用する女子がほとんど。

トレーニングを続けていくにしたがって、スキルとマッスルがパワーアップしていく筋トレ女子はウェアにもこだわりを見せはじめます。

  • とにかく動きを邪魔しないデザインが良い
  • ワキ汗が目立たない素材を選ぶ
  • やっぱりかわいいorカッコいいウェアでモチベーションが上がる
  • 筋肉が発達するにしたがって露出も増える
  • 何だかんだナイキやアディダスなどスポーツブランドのウェアが一番テンションが上がる
  • ウェアは値段が高いのでメルカリチェックは怠らない

筋トレ女子のウェアへのこだわりはそんな傾向が見られるようです。

ひたすらキツい筋トレをこなしてくためには、お気に入りのトレーニングウェアを着て、モチベーションを上げることはとても大事なことなのです。

動機の90%が男がらみ

カラダをキレイに見せたい、痩せる為にカラダを鍛えたい。と筋トレを始める女子は多いはず。

しかしその動機は、大体90%の割合で男がらみのようです。

女性には、美しくなって男性の視線を独り占めしたい、という承認欲求が少なからずあるのではないでしょうか。

自分を変えるきっかけになるなら、それは決して悪いことではないのです。

  • 彼氏または好きな人が出来た
  • 気になる人と海やプールに行く約束をした
  • 振られた元カレを見返すため
  • とにかく痩せてキレイになってモテたい

といった理由が筋トレを始める動機の多くを占めているようです。

きっかけは何であれ、ボディもハートも強く美しくなるのだから結果オーライ。

世の男性陣の視線を釘付けにするのも時間の問題です。

余談ではありますが、残りの約10%はというと

  • 同性の憧れのアイドルみたいになりたい
  • 膝に水がたまる
  • 股ずれがひどくて長い距離歩けない
  • 写真に写った自分を見て衝撃を受けた

など、同性が動機のパターンや、日常生活がままならないなど、切実な理由があげられます。

筋肉痛に快感を感じる

始めは筋肉痛がつらく感じ、苦痛に思う筋トレ女子が多いはず。

ですが、トレーニングを続けてしばらくすると、ボディラインに変化が出てくることに気づきます。

次第に、筋肉痛=美ボディ という公式が出来上がってくるのです。

追い込んだ筋肉に痛みが起きることは、筋トレ女子にとってこの上ない喜び。

そして逆を返せば、トレーニングをしても筋肉痛がないことには、とてつもない焦りを感じるのです。

  • トレーニングの後、筋肉痛が起きないと焦る
  • トレーニングの後、筋肉痛が起きると安心する
  • 下半身が筋肉痛の時のトイレがつらい
  • 常に身体のどこかが筋肉痛
  • 「筋肉痛?」と誰かに聞かれるとちょっと嬉しい

筋トレ女子の多くはこんな風に痛みと向き合っているようです。

筋肉痛は美ボディへ近づくための、いわばバロメーターのようなもの。

くしゃみをする時の腹筋の痛みをこらえつつ、「いった~い」と嬉しそうに笑っているのが筋トレ女子なのです。

低糖質レシピの幅が広がる

近年、筋肉を落とさずダイエットするために、定番になりつつある「低糖質ダイエット」。

ご飯やパンなどの糖質を制限し、タンパク質や野菜を中心に食べる方法です。

外食で低糖質の食事を取るのは少々難しいため、多くの筋トレ女子は自宅で準備していることが多いようです。

  • プロテインはコラーゲンや大豆イソフラボンなど美容成分入りを選ぶ
  • ささみ、ゆで卵、ブロッコリー、サラダチキンは冷蔵庫に常備
  • スイーツにも食事にもなるおからが大好き
  • 低糖質の雑穀パンを自分で焼けるようになる
  • 低糖質というより糖質断ちになってしまい体調が悪くなる

筋トレ女子の食生活は、マッスルレベルが上がるにつれて糖質制限にもこだわりを見せます。

ですが、市販のものではなかなか満足がいかないことも。

それならばを自分で作ってしまえということで、さまざまな代用品を駆使した低糖質レシピが上達していきます。

特におからはスイーツにも変わる万能食材で栄養も満点です。

ちなみに、食す際には口の中の水分が相当取られるので、水分をお忘れなきよう。

そしてくれぐれも、糖質制限はほどほどに、バランスの良い食事を心がけましょう。

鏡の自分にうっとりしがち

大好きなスイーツやお付き合いの飲み会も減らし、トレーニングに打ち込む筋トレ女子。

お風呂上りに鏡に映る、自分のボディに見とれてしまうこともしばしばです。

筋トレ後では、筋肉がパンプアップしているので、さらにボディの変化が楽しめることでしょう。

しばし見とれたあとは、トレーニングが足りなていない部分をしっかりチェックし、ボディメイク計画に余念がありません。

  • 筋肉が美しく見えるポーズを鏡に向かって一人で行う
  • 風呂場から出てくるのが異常に長い
  • インスタ用の自撮りに余念がない
  • 毎日の鏡チェックが楽しみで仕方がない
  • ジムでは全身が映る鏡の前にいるのが長い

鏡でのボディチェックは、筋トレ女子ならずともトレーニーなら外せないポイント。

これがトレーニングの醍醐味と言っても過言ではないほどです。

ふと気づいた時には、あなたもこんな行動を取っているかもしれません。

そうなれば、立派な筋トレ女子の仲間入りです。

やたら肌を露出したがる

今までは気にボディラインを隠すために、ゆったりとした洋服をメインに着ていた筋トレ女子。

トレーニングの効果が出始めると様子が変わってきます。

カラダが引き締まるので、隠す必要がなくなり、露出が増える傾向があるようです。

見せたいのは洋服というよりも、腹筋や二の腕など、鍛えた筋肉。

お金で買うことが出来ない、最高のアクセサリーなのかもしれません。

  • 隠す必要がないのでボディラインが出る洋服を着始める
  • ボディラインと言っても胸とかではなく腹筋を見せたい
  • トレーニングウェアはスポーツブラとレギンスになり腹筋見せ
  • 近しい友人や同僚などに筋肉見せてと言われればすぐ見せる
  • AYA先生みたいなファッションに憧れている

鍛え始めるとこのような方向へ流れがちな筋トレ女子。

一生懸命鍛えた筋肉を見てほしい気持ち、とても共感できますがくれぐれも控えめに。

目のやり場に困るほどの露出は禁物です。

スーパーで価格よりも栄養成分が気になってしまう

スーパーへお買い物に行く筋トレ女子は、食べるものにもこだわりが。

値段よりもまず最初にチェックするのはまず成分表。そして1番始めにチェックするものは、カロリーと、たんぱく量です。

筋トレ女子は、筋肉のために出来るだけ低カロリー高たんぱくな食品を選びたいと考えているのです。

その次のチェックポイントは糖質や脂質が少なめのもの、そしてお値段といった順番。

タイムセールで割引のシールが付いたお惣菜をやたらに買いまくる、といったことは致しません。

そんな筋トレ女子のスーパーでのお買い物は、こんな傾向があるようです。

  • 値段より先に栄養価をチェックする
  • 結局買うものが変わりばえしない
  • カロリーメイトとか健康食品が置いてある棚のところに気づくといる
  • 結果として買い物にとても時間が掛かる

カラダは食べたものでしか出来ないため、食品はしっかり選びたい筋トレ女子。

そんなこだわりが買い物にも表れてしまいます。

外出中に筋トレできないか模索する

常に筋肉を意識しながら生活している筋トレ女子。

トレーニング以外の外出でも、気づけば筋トレの事を考えていることが多々あります。

例えば電車を待つホームや、会社の給湯室、待ち合わせで友人を待つ時間など。

筋トレ女子の頭の中では、今どんなトレーニングが出来るのかと考えを巡らせているところ。

ジムじゃなくても工夫次第で筋トレはいつでもどこでも可能です。

  • 出勤中の電車では、吊革には捕まらず足だけで踏ん張る
  • 電車のつり革で懸垂をしたくなる
  • ベンチがあると片足をのせてブルガリアンスクワットしたくなる
  • 重い荷物を持った時は腕を後ろに下げ、上腕三頭筋を鍛える
  • ホームで電車を待つときはそっとドローインまたは片足を後ろに上げて尻トレ

こんなトレーニングをしてみたい&している筋トレ女子は多いはず。

常に筋肉を意識する筋トレ女子は時間を無駄にはいたしません。

ですが、くれぐれも周りの迷惑にならないよう、気を付けたいものですね。

おしゃれするのが楽しくなる

トレーニングによってボディが引き締まり、悩みのタネだった二の腕やウエストはスッキリ。

今までは体型に合わせて選んでいた洋服も、好きなデザインを選んで着ることが出来るようになります。

普段着れない服を買ってみたり、おしゃれすることがとても楽しくなってくるのです。

その一方で、ジム通いが日課になり、おしゃれして出かける所がないことにも気づいてしまう筋トレ女子。

それならばと、おしゃれなトレーニングウェアを買い集め、さらにモチベーションを上げていくことを繰り返していくのです。

こうなればあなたも立派な筋トレ女子。

彼女たちにとってなによりもステキな服は、筋肉とトレーニングウェアなのですから。

  • おしゃれな服を買ったのに出かけるところがジムばかりだと気づく
  • ダイエットに成功したのにトレーニングウェアばかりが増えていく
  • ジムに行くまでのウェアも増えていく
  • タンクトップ&ブラトップ&レギンスという高いハードルにたどり着く
  • ショッピングするのは主にスポーツショップ
  • トレーニング姿が映えるようになった

こんな傾向が表れてきたら、一人前の筋トレ女子への道のりはあと少しです。

自分に自信が持てる

筋トレは自分との戦いです。

その戦いに勝ち、理想のボディラインを手に入れた筋トレ女子はまさに勝者。

始めはキツくて心が折れそうになりながらも、ふと鏡に映る自分を見て、やってきたことの結果が目に入ってきます。

厳しいトレーニングを経て得られたものは、自分自身の心に大きな自信をもたらします。

  • 自分でチャレンジして結果を出すことで大きな達成感を味わえる
  • すぐにあきらめなくなる
  • 限界は自分で決めるものじゃない

このような強い精神状態になれるのは、キツいトレーニングを頑張って、筋肉という宝物を手に入れたからこそ。

この経験はきっと人生にも役に立つはずです。

まとめ

筋トレ女子あるある10選をお送りしましたが、いかがでしたでしょうか?

思わず「あるある~!」と納得したり、もしくは「私のこと言ってる?」と思われた方もいるかもしれません。

始めるきっかけは人それぞれ、さまざまな理由があったことでしょう。

でも今は、元彼のためでもない、モテたいからでもない、ただ自分自身のためにひたむきにトレーニングを続けていくのです。

こんなストイックでチャーミングな筋トレ女子を見かけたら、ぜひ心の中でエールを送ってあげて下さいね。

さつき

さつき

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事