デスクワーク向きな筋トレグッズ特集はコチラ!

筋トレ時の水分補給におすすめな飲み物8選【トレーニング中に避けるべきドリンクも紹介】

19 min 71 views

この記事は、
・筋トレ時の飲み物はどんなものを選べばいいか知りたい
・自分のトレーニング目的や好みに合った飲み物を選びたい
・筋トレ時に避けるべき飲み物も覚えておきたい
という人に向けて書きました。

筋トレをする際、水分補給用の飲み物は欠かせません。

せっかく筋トレをするなら、トレーニングの効果を最大限にしてくれるような飲み物を選びたいですよね!

しかし、筋トレ時に飲むとよさそうな飲み物はたくさんあり「どの飲み物を選べばいいのかわからない」という人も多いでしょう。

そこで本記事では、筋トレ時の水分補給におすすめな飲み物8選と筋トレ時に避けるべき飲み物を紹介します。

記事を読めば、トレーニング中に最適な飲み物で水分補給ができるようになり、より安全で効率的な筋トレができるようになりますよ。

マイキー

マイキー

体の水分不足は筋トレの効果が半減するどころか、体調を崩す原因になります!
この記事を参考に、しっかりと水分補給しながらトレーニングを行いましょう!

筋トレ時の水分補給におすすめな飲み物8選

それではさっそく、筋トレ時の水分補給におすすめな飲み物を8つピックアップして紹介します。

まずは比較表をご覧ください。

商品名主な成分カロリー内容量価格(税込)
Xtend
BCAA
・バリン1,750mg
・ロイシン3,500mg
・イソロイシン1,750mg
0kcal約1.3kg6,499円
キリン
LAKURASHI アルカリイオンの水
・ナトリウム0.8mg
・カルシウム1.3mg
・マグネシウム0.64mg
0kcal2L×9本1,125円
コカ・コーラ
アクエリアス ゼロ
・カリウム9g
・マグネシウム1.2g
・L-カルニチン10mg
0kcal2L×6本×2箱2,967円
GronG
EAA
・バリン795mg
・リジン1,900mg
・メチオニン218mg
100gあたり386kcal500g3,780円
ファイン・ラボ
ファイナルエナジーヴィターゴ
・炭水化物約42g
・ビタミンC33mg
・カルシウム48mg
50gあたり183kcal1kg4,772円
NR
カフェテイン
・カフェイン120mg
・タンパク質5.39g
・炭水化物3.24g
10gあたり35.5kcal150g5,980円
明治
ヴァーム(VAAM)スマートフィットウォーター
・炭水化物3.6g
・タンパク質1.5g
・カルシウム23mg
0kcal500ml×24本3,278円
コカ・コーラ
アクエリアス 1日分のマルチビタミン
・炭水化物45g
・ビタミンB64mg
・ビタミンC2,000mg
粉末51gあたり180kcal51g×25袋2,980円
マイキー

マイキー

星の数ほどあるドリンクの中から本当におすすめできるものを厳選しました!

Xtend BCAA

筋トレ時の飲み物としてまずおすすめしたいのが、XtendのBCAA。

BCAAとは、筋肉のエネルギー源となる必須アミノ酸のなかでも、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つを総称したものです。

筋トレの前後、もしくは筋トレの最中にBCAAを飲むことで効率的に必須アミノ酸を摂取でき、筋トレ時のパフォーマンス維持や筋肉の分解を防ぐ効果が期待できます。

水に溶かして飲むパウダータイプのBCAAサプリなら、BCAAと一緒に水分も補給できるので一石二鳥です。

とくにXtendのBCAAは、バランスのいい3種類の必須アミノ酸のほか、ビタミンB6なども配合しています。

コスパや味のおいしさにも定評があり、まさに筋トレ時の水分補給にはもってこいの飲み物です。

「しっかりと水分補給をしながら、筋トレの効果やパフォーマンスも上げたい」という人は、ぜひXtendのBCAAを試してみてください!

詳細情報
  • メーカー:Xtend
  • 主な成分:バリン1,750mg/ロイシン3,500mg/イソロイシン1,750mg
  • カロリー:0kcal
  • 内容量:約1.3kg
  • 価格:6,499円

キリン LAKURASHI アルカリイオンの水

「味のついている飲み物よりも、シンプルな水がいい」という人におすすめしたいのが、LAKURASHIのアルカリイオン水。

アルカリイオン水とは、水を電気分解することにより、pHの値を弱アルカリ性になるよう調節した水のことです。

アルカリイオン水は胃もたれを和らげたり、胃腸の働きを助けたりなどの効果が期待できます。

また、LAKURASHIのアルカリイオン水は、従来の水に比べるとナトリウム・カルシウム・マグネシウムといったミネラルも豊富。

軟水のため口あたりがまろやかで、やさしい飲み心地なのも特徴です。

もちろん筋トレ時だけでなく、仕事中や家にいる時の水分補給、料理などにも使えます。

1本あたり125円と価格も安いので、筋トレ時に飲めるコスパのいい水を探している人にはぴったりでしょう。

詳細情報
  • メーカー:キリン
  • 主な成分:ナトリウム0.8mg/カルシウム1.3mg/マグネシウム0.64mg
  • カロリー:0kcal
  • 内容量:2L×9本
  • 価格:1,125円

コカ・コーラ アクエリアス ゼロ

スポーツドリンクのなかでも筋トレをする際の飲み物としてうってつけなのが、アクエリアスのゼロカロリータイプです。

筋トレ時に飲むならスポーツドリンクを真っ先に思い浮かべる人も多いかもしれませんが、実は一般的なスポーツドリンクには、糖質・炭水化物が多く含まれています。

適度な糖質は筋肉の合成にも必要ですが、糖質を摂りすぎるとエネルギー過多となり、体脂肪が増える原因になってしまうことも。

一方のアクエリアスゼロは、主な成分はカリウムやマグネシウムといったミネラルで、糖質は100mlあたり0.7gしか含まれていません。

ゼロカロリーではない従来のアクエリアスは炭水化物が100mlあたり4.7g含まれており、さらにカロリーは19kcalあります。

比較すると、ゼロカロリータイプのほうが糖質やカロリーの摂取を抑えながら、効率的に水分を補給できるのがわかりますね!

ゼロカロリーとはいっても味に大差はなく、従来のアクエリアスのようにおいしく飲めるので、筋トレのお供にはおすすめですよ。

詳細情報
  • メーカー:コカ・コーラ
  • 主な成分:カリウム9g/マグネシウム1.2g/L-カルニチン10mg
  • カロリー:0kcal
  • 内容量:2L×6本×2箱
  • 価格:2,967円

GronG EAA

EAAはBCAAと並び、筋トレの効果やパフォーマンスをアップさせたいときにおすすめのサプリです。

EAAとはバリン・リシン・トレオニンなどを含む、9種類の必須アミノ酸のことをいいます。

3種類の必須アミノ酸であるBCAAとは違い、EAAは9種類・もしくは8種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれているのが特徴。

筋トレ中やトレーニングの前後に摂取することで、筋肥大のサポートや質のいいトレーニングの維持といった効果が期待できます。

もちろんBCAAと同じく、水に溶かして飲むタイプなら水分補給用のドリンクとしても多いに活躍しますよ。

なかでもGronGのEAAは、8種類の必須アミノ酸に加え、2種類の非必須アミノ酸も配合しています。

フレーバーつきなので飲みやすく、さらに1食分あたりの価格が約75円と低価格なのもうれしいポイントです。

詳細情報
  • メーカー:GronG
  • 主な成分:バリン795mg/リジン1,900mg/メチオニン218mg
  • カロリー:100gあたり386kcal
  • 内容量:500g
  • 価格:3,780円

ファイン・ラボ ファイナルエナジーヴィターゴ

ヴィターゴは、筋トレ中に素早くエネルギーが摂取できるようつくられた飲料サプリです。

主な成分は炭水化物で、従来のスポーツドリンクなどに比べると、栄養素がエネルギー源として血液に送り込まれるスピードが早いという特徴があります。

また、摂取した際の胃の負担も少なく、ワークアウト中の水分補給にはぴったりの飲み物です。

たとえば減量中で炭水化物の制限などをしていると、筋トレ中にパワーが出ないことがありますよね。

そんなときにヴィターゴでエネルギーを摂取すれば、胃に負担をかけることなく、高いパフォーマンスを維持できます。

また、ビタミン類やミネラルも豊富に配合されており、バランスのいい栄養素を摂取できるのも魅力。

ただ、炭水化物メインなだけあり、1食分あたりのカロリーは183kcalと高めです。

そのため、ダイエットやカロリー制限中の人には不向きな場合もありますが、吸収率のいいエネルギー系ドリンクを探している人には適した商品でしょう。

詳細情報
  • メーカー:ファイン・ラボ
  • 主な成分:炭水化物約42g/ビタミンC33mg/カルシウム48mg
  • カロリー:50gあたり183kcal
  • 内容量:1kg
  • 価格:4,772円

NR カフェテイン

カフェテインは、コーヒー・プロテイン・エナジードリンクのいいとこ取りをしたような飲み物です。

実はコーヒーに含まれるカフェインは適度な量を摂取することで、筋トレ中の集中力アップや、脂肪燃焼などの効果が期待できます。

また、カフェテインは筋肉を肥大させるためには欠かせないタンパク質や、脂肪の蓄積を抑える効果が期待できるクロロゲン酸なども配合。

筋トレ時に飲むなら普通のコーヒーでもいいのですが、カフェテインなら上記のような成分を手軽に摂取でき、トレーニングの効果もさらに上がりやすくなるのでおすすめです。

味も普通のコーヒーに限りなく近づけるよう作られており、まさにコーヒー好きには最適の商品。

水やドリンク系サプリと違って飲みすぎは厳禁ですが、コーヒーが好きな人は試してみる価値ありですよ!

詳細情報
  • メーカー:NR
  • 主な成分:カフェイン120mg/タンパク質5.39g/炭水化物3.24g
  • カロリー:10gあたり35.5kcal
  • 内容量:150g
  • 価格:5,980円

明治 ヴァーム(VAAM)スマートフィットウォーター

豊富なアミノ酸を摂取できる飲み物として人気なのが、ヴァーム・スマートフィットウォーター。

ヴァームは長年のアミノ酸研究をもとに、脂肪分解を促進する3種類のアミノ酸を独自の割合で配合しているのが特徴。

筋肉の合成に必要不可欠なアミノ酸を摂取しながら、それと同時に無駄な脂肪を減らす効果が期待できます。

カロリーゼロで糖質も少なく、カロリーオーバーになる心配もありません。

味はレモン風味で、すっきと飲みやすいのも魅力です。

とくに筋トレをしながら体脂肪を減らしたい人や、減量中の人が水分補給をする際におすすめです。

詳細情報
  • メーカー:明治
  • 主な成分:炭水化物3.6g/タンパク質1.5g/カルシウム23mg
  • カロリー:0kcal
  • 内容量:500ml×24本
  • 価格:3,278円

コカ・コーラ アクエリアス 1日分のマルチビタミン

スポーツドリンクのなかでもビタミン不足の人におすすめなのが、アクエリアス 1日分のマルチビタミン。

ビタミンB6・ビタミンC・ナイアシンなど、レモン100個分に相当するビタミン類を手軽に摂取できます。

ビタミンはエネルギーやアミノ酸の代謝にも関わっているので、筋トレ時には積極的に摂取したい成分です。

アクエリアス 1日分のマルチビタミンならビタミンサプリを別で摂らなくても、水分補給と同時に効率よくビタミンも補えます。

普通のペットボトルタイプもありますが、パウダータイプなら水分量や味の薄さも自分の好みに調節できて便利です。

ただし、カロリーや炭水化物の量はやや多いので、飲みすぎには注意しておきましょう。

詳細情報
  • メーカー:コカ・コーラ
  • 主な成分:炭水化物45g/ビタミンB64mg/ビタミンC2,000mg
  • カロリー:粉末51gあたり180kcal
  • 内容量:51g×25袋
  • 価格:2,980円

筋トレ時に避けるべき飲み物は?

ここまで筋トレ時におすすめの飲み物を紹介しましたが、あまりおすすめできない飲み物もあります。

筋トレ時に避けるべきなのは、以下のような飲み物です。

  • 糖質の多いスポーツドリンクやジュース(体脂肪の原因になる)
  • カフェインの多すぎるコーヒーやお茶(水分不足になる可能性がある)
  • アルコール飲料(筋肉の回復や筋肥大の効果を低下させる可能性がある)

スポーツドリンクやジュースは筋トレをするときについつい飲んでしまいがちですが、糖質が多いものはなるべく避けたほうが無難です。

とくに多くの清涼飲料水に使われている果糖は、他の糖質に比べると脂肪に変わりやすいという性質があります。

過剰に摂取すると体脂肪が増加する原因になりやすいので、あまりにも糖質が多い飲み物は飲む量を調整する、もしくは別の飲み物を選ぶなどの対策をしてみてください。

また、適度なカフェインを含んだコーヒーやお茶なら問題ありませんが、カフェインの多すぎる飲み物にも注意が必要。

カフェインには利尿作用があるため、摂りすぎると逆に水分不足になってしまう可能性があります。

カフェインの摂取量は、多くても1日あたり300~400gを目安にして、その量を超えないよう調整しながら飲むといいでしょう。

まとめ

筋トレ時の水分補給をする際に適切な飲み物を選べば、筋トレの効果を最大限にできます。

とくに、筋トレのパフォーマンス向上と水分補給が同時にできる飲み物を選びたい人には、XtendのBCAAがおすすめです。

味のついていないシンプルな飲み物が好みの人は、LAKURASHIのアルカリイオン水などを選ぶのもいいでしょう。

ほかにも栄養素やタイプの異なるいろいろな飲み物があるので、ここで紹介した商品を参考に、ぜひ自分に合った飲み物を見つけてください!

マイキー

マイキー

筋トレ時には水分補給はもちろんプロテインの摂取も欠かせません。
以下の記事もぜひあわせてチェックしてくださいね!

関連記事