デスクワーク向きな筋トレグッズ特集はコチラ!

レッグカールマシン&レッグエクステンションマシンのおすすめ7選

17 min 105 views

この記事は、
・レッグカールやレッグエクステンションのできるホームジム用マシンが欲しいけど、どれを選べばいいのか分からない
・太ももをピンポイントで鍛えられるマシンが欲しい
・ジムで扱っているような本格的なレッグカール、レッグエクステンションマシンが欲しい
という人に向けて書きました。

レッグカールマシンとは、主に大腿二頭筋(ハムストリングス)を鍛えるためのマシンです。

レッグエクステンションマシンは、大腿四頭筋をメインに鍛えられます。

どちらのマシンもほとんどのジムに置いてあるので、見かけたことがある人も多いでしょう。

しかし、レッグカールやレッグエクステンションができるマシンを自分で購入するとなると、値段やタイプもバラバラでどれを選べばいいか分からないという人も多いはず。

そこでこの記事では、レッグカール&レッグエクステンションマシンの選び方と、おすすめの製品7選を紹介します。

今回は、一台で2種目とも行えるマシンをメインにピックアップしました。

記事を読めば自分にぴったりのマシンが見つかるので、ぜひ参考にしてみてください!

マイキー

マイキー

本格的に太ももの筋肉を追い込みたい人にオススメの筋トレマシンです!

レッグカール&レッグエクステンションマシンの選び方

おすすめ商品を紹介する前に、レッグカール&レッグエクステンションマシンの選び方を解説します。

まずは動作タイプか確認しよう

レッグマシンで足を鍛える際の動作は大きく分けて、シーテッドタイプとプローンタイプの2つがあります。

シーテッドタイプは、シートに座って足パッドの上にふくらはぎを置き、足を下に向けて動かすタイプです。

このタイプは太ももを固定するためのパッドが付いていることが多く、大腿四頭筋よりはハムストリングスを鍛えるのに特化したタイプがほとんど。

プローンタイプは、うつ伏せの状態で足パッドの下にふくらはぎを固定し、足を引き上げるような動作で鍛えるタイプです。

上半身を少し下げた状態で行うので、より足裏の負荷を感じやすいのが特徴。

プローンタイプなら、レッグカールとレッグエクステンションの両方を行えるマシンが多いです。

その他、立った状態で下半身を鍛えるスタンディングタイプという珍しいタイプもあります。

タイプによって鍛えられる細かな部位や負荷のかかり具合が異なるので、目的に合ったものを選んでみてください。

耐荷重もチェック

次にチェックしておきたいのは、耐荷重。

どれくらいの重量をかけてトレーニングできるかは、筋トレの効果を左右する大事なポイントです。

さすがに100kg超えの重量を扱う強者はいないかもしれませんが、最低でも50kg以上を目安にするなど、できるだけ重い負荷をかけられるものを選びましょう。

最初は軽い負荷だったとしても、トレーニングを重ねて筋肉が発達すれば、それに比例して重量も上がっていきます。

今の重量ではなく、将来的に重量が上がることも考慮しながら、耐荷重も確認しておきましょう!

ウエイトのタイプも確認しておこう

レッグマシンを選ぶ際は、ウエイトのタイプも確認しておきましょう。

ウエイトのタイプは主に、ウエイトスタック式とプレート式の2種類があります。

ウエイトスタック式は、長方形の重りを積み上げて重量を調節するタイプです。

高重量を扱えることが多く、ピンの抜き差しだけで簡単に重量を変えられるのがポイント。

プレート式は、丸いプレートをいくつか設置して重さを調整します。

初心者でも扱いやすく最初の組み立ても簡単で、自宅でのトレーニングならプレート式でも十分使えますよ。

利便性を考えるならウエイトスタック式、扱いやすさを考えるならプレート式、という選び方をするといいかもしれませんね!

レッグカール&レッグエクステンションマシンのおすすめ7選

それではここから、おすすめのレッグカール&レッグエクステンションマシン7選を紹介します。

まずは比較表をご覧ください。

商品名動作タイプ耐荷重ウエイトのタイプサイズ価格(税込)
HEAT CAMPIONE
レッグカールマシン
シーテッドタイプ132kgウエイトスタック式132.8×161×158cm411,642円
impulse
シーテッドレッグカールマシン SIT9506-235
シーテッドタイプ約91kgウエイトスタック式153.6×11.86×150.6cm416,000円
BULL
プローンレッグカール
プローンタイプ100kgウエイトスタック式88×167×141cm677,600円
ボディソリッド
レッグエクステンション&レッグカール
プローンタイプ60kgプレート式69×128.5×74cm88,000円
エバニュー
レッグカールマシン
プローンタイプ95.2kgウエイトスタック式163×93×157cm413,500円
MATRIX
レッグカールマシン
シーテッドタイプ104kgウエイトスタック式119×178×168cm1,100,000円
impulse
スタンディングレッグカール
スタンディングタイプ120kgプレート式140.3×104.5×120cm268,000円
マイキー

マイキー

それでは一つずつ詳しく解説していきます!

HEAT CAMPIONE レッグカールマシン

こちらは、HEAT CAMPIONEというメーカーが扱っているレッグカールマシン。

シーテッドタイプのマシンですが、レッグカールだけでなく大腿四頭筋などを鍛えられるレッグエクステンションも行えます。

重量は最大132kgまで設定できるので、超高重量で負荷をかけたい人にもぴったりです。

ウエイトスタック式のため、重さの切り替えが楽なのもうれしいポイント。

大きめのマシンなので設置するスペースの確保は必要ですが「レッグカールとレッグエクステンションの両方をやりたい」という人にはおすすめです。

詳細情報
  • メーカー:HEAT CAMPIONE
  • 動作タイプ:シーテッドタイプ
  • 耐荷重:132kg
  • ウエイトのタイプ:ウエイトスタック式
  • サイズ:132.8×161×158cm
  • 価格:411,642円

impulse シーテッドレッグカールマシン SIT9506-235

こちらはシートに座って太ももを鍛えるシーテッドタイプなので、ハムストリングスを鍛えるレッグカールに特化したマシンです。

ジムにある本格的なマシンと同じような感覚でトレーニングができます。

積み上げたウエイトで重量を調節できるウエイトスタック式のため、使いやすいのもうれしいポイント。

耐荷重は筋トレ上級者でも納得の、約91kgあります。

さらに、ペットボトルなどを置けるドリンクホルダーや、iPadスタンドも付いており、家庭で快適な足のトレーニングができますよ!

値段は高めですが、本格的なレッグカールマシンを探しているならおすすめです。

詳細情報
  • メーカー:impulse
  • 動作タイプ:シーテッドタイプ
  • 耐荷重:約91kg
  • ウエイトのタイプ:ウエイトスタック式
  • サイズ:153.6×11.86×150.6cm
  • 価格:416,000円

BULL プローンレッグカール

うつ伏せになった状態から足を引き上げる動作で鍛える、プローンタイプのレッグカールマシン。

太ももの筋肉をメインに、しっかりと負荷をかけながらトレーニングができます。

重りはウエイトスタック式なので、利便性にも優れている製品です。

比較的コンパクトな設計のため、部屋に大型のマシンを置くスペースがない、という人にもおすすめ。

値段がそれなりにするのがややネックな点ですが、使いやすさやサイズ感などを考えると、十分おすすめできるマシンといえそうです。

詳細情報
  • メーカー:BULL
  • 動作タイプ:プローンタイプ
  • 耐荷重:100kg
  • ウエイトタイプ:ウエイトスタック式
  • サイズ:88×167×141cm
  • 価格:677,600円

ボディソリッド レッグエクステンション&レッグカール

こちらは、スポーツメーカーとしても有名なボディソリッドのレッグエクステンション&レッグカールマシンです。

うつ伏せの状態で動作を行うプローンタイプで、重量はプレートで調整できます。

シートに座る向きを変えれば、レッグカールとレッグエクステンションの両方をre行える優れモノ。

一台で二役が可能なので、太もも全体を鍛えたいという人は重宝するでしょう。

シートの調節もでき、自分のベストな位置でトレーニングに励めます。

価格も他のマシンに比べると安めに抑えられているので、コスパを重視する人にもおすすめです。

詳細情報
  • メーカー:ボディソリッド
  • 動作タイプ:プローンタイプ
  • 耐荷重:60kg
  • ウエイトタイプ:プレート式
  • サイズ:69×128.5×74cm
  • 価格:88,000円

エバニュー レッグカールマシン

エバニューのレッグマシンは、プローンタイプなので太ももの裏にしっかりと負荷をかけられます。

プレートの上部にオーバーサイズド・ナイロンワッシャーという素材を使用し、雑音が発生しないよう工夫されているのもポイントです。

重量は約95kgまで設定できるので、筋トレ上級者でも安心。

ウエイトスタック式で使い勝手もよく、家で本格的な筋トレがしたいという人にもおすすめのマシンです。

そこそこの値段がするので、予算と相談しながら検討してみるといいでしょう。

詳細情報
  • メーカー:エバニュー
  • 動作タイプ:プローンタイプ
  • 耐荷重:95.2kg
  • ウエイトタイプ:ウエイトスタック式
  • サイズ:163×93×157cm
  • 価格:413,500円

MATRIX レッグカール・レッグエクステンションマシン

ジムを開業したい人や、業務用にこだわりのある人におすすめなのが、MATRIXのレッグカール&レッグエクステンションマシン。

プロでも使えるような超本格派のマシンで、自宅で使う場合でも安定した動作でトレーニングを行えます。

太ももをパッドで固定し、足を上に上げるシーテッドタイプのマシンのため、効率的に鍛えられるのがポイント。

さらに、休憩時間を計測できるラップカウンターも付いており、使いやすさも抜群です。

ただし、基本的には業務用マシンなので価格が100万円を超えるのは難点。

詳細情報
  • メーカー:MATRIX
  • 動作タイプ:シーテッドタイプ
  • 耐荷重:104kg
  • ウエイトタイプ:ウエイトスタック式
  • サイズ:119×178×168cm
  • 価格:1,100,000円

impulse スタンディングレッグカール

こちらは、レッグカールマシンとしては珍しい、立った状態で太ももを鍛えるタイプ。

ジムやスタジオでも使えるよう、プロ向けに設計されています。

片足ずつ鍛えるので、もう片方の足や体全体で体勢を支えながら、安定した状態でのトレーニングが可能です。

耐荷重は120kgあるので、高重量を扱いたい人でも安心。

少し変わったアプローチで下半身を鍛えたい人は、こちらのマシンも検討してみてはいかがでしょう?

詳細情報
  • メーカー:impulse
  • 動作タイプ:スタンディングタイプ
  • 耐荷重:120kg
  • ウエイトタイプ:プレート式
  • サイズ:140.3×104.5×120cm
  • 価格:268,000円

まとめ

レッグカール&レッグエクステンションマシンは、主に太ももを鍛えるのに特化したマシンです。

製品によって、座った状態で鍛えるシーテッドタイプや、うつ伏せの状態で鍛えるプローンタイプなどがあります。

今回紹介した製品のなかだと、本格的なトレーニングができるHEAT CAMPIONEのマシンや、頑丈なつくりのimpulseのマシンがおすすめ。

他にもタイプや動作の異なるマシンがいくつか販売されているので、自分にぴったりのマシンを探してみてくださいね!

マイキー

マイキー

自分専用のマシンで限界まで太ももを鍛え抜きましょう!

関連記事