デスクワーク向きな筋トレグッズ特集はコチラ!

アブドミナルマシンのおすすめ7選【高重量で腹筋を鍛える筋トレマシン】

16 min 223 views

この記事は、
・ホーム用のアブドミナルマシンが欲しいけど、どれがいいのか分からない
・自重の腹筋トレーニングでは物足りず、高重量で腹筋を鍛えたい
・ジム開業を考えており、本格的な腹筋専用マシンの購入も検討している
という人に向けて書きました。

アブドミナルマシンは、主に腹直筋や腹斜筋を鍛えるアブドミナルクランチという種目を行うためのマシンです。

ジムなどにはよく設置されていますが、実は家庭用のアブドミナルマシンも販売されています。

しかし、アブドミナルマシンのような大型のマシンを購入する機会はそうそうないので「いざ購入するとなるとどれを選べばいいか分からない」という人も多いでしょう。

そこでこの記事では、アブドミナルマシンの選び方と、おすすめの製品7選を紹介します。

記事を読めば、自分にぴったりのアブドミナルマシンが見つかり、ジムに行かなくても高重量で腹筋を鍛えられるようになるので、ぜひ参考にしてみてください!

マイキー

マイキー

極限まで腹筋を追い込みたい人や自重トレーニングじゃ物足りないという人にオススメの筋トレマシンです!

アブドミナルマシンの選び方

それではまず、アブドミナルマシンの選び方を紹介します。

まずは耐荷重をチェックしよう

アブドミナルマシンを選ぶうえでまず重要なのは、耐荷重です。

自分のトレーニングレベルに合わせて、どれくらいの負荷をかけたいのか購入する前に確認しておきましょう。

しっかりと負荷をかけたいなら、少なくとも耐荷重50kg以上のものを選ぶのがおすすめ。

筋トレ初心者ならそれほど重い重量がなくても問題ありませんが、中級~上級以上になると、ある程度の重量がないと筋肉にしっかりと負荷がかけられません。

最初は低重量で行っていても、筋肉が発達するにつれて扱う重量が増えてくることも多いので、その点も考慮したうえで耐荷重をチェックしてくださいね!

動作タイプで選ぶ

アブドミナルマシンは、製品によって腹筋を鍛える際の動作が異なります。

もっともオーソドックスなのは、肩の付近にあるグリップやパッドなどで腕と肩を固定し、状態を前に倒すタイプ。

このタイプは状態が安定しやすい製品が多いですが、性能がいい分値段はやや高めです。

そのほか、お腹の辺りにあるバーで体を固定するタイプや、肩にショルダーをかけて体を前に倒すタイプなどもあります。

こういったタイプは先述したタイプに比べると安定感などには劣るものの、値段は安いというメリットも。

ジムにあるマシンのような本格的なトレーニングがしたいなら、肩の上にグリップがあるタイプが最適です。

ただ、コスパを重視する方は値段なども考慮し、自分に最適な動作タイプを選ぶといいでしょう。

マシンのサイズも確認しておこう

アブドミナルマシン選びでもうひとつ確認しておきたいのが、マシンのサイズです。

アブドミナルマシンはトレーニングマシンの中でもかなり大きい部類に入るので、部屋に設置できるかどうかは忘れてはならないポイント。

特にホームジムをつくろうと検討している方は、他マシンのサイズなども考慮する必要があります。

ひとつのマシンサイズが大きすぎると、他のマシンが置けなくなったり、マシン同士の距離が近すぎてトレーニングしづらいことも。

ジム開業をする場合などは別ですが、家にアブドミナルマシンを置くなら、余裕をもって設置できるサイズかどうかも必ず確認しておきましょう!

アブドミナルマシンのおすすめ7選

それではここから、おすすめのアブドミナルマシンを7つピックアップして紹介します。

まずは比較表をご覧ください。

商品名耐荷重シートの高さ調節サイズ価格(税込)
impulse
アブドミナルマシン SIT9514-200 
約90kgグリップ固定タイプ134.6×114.8×158.1cm350,000円
エバニュー
アブクランチ
約91kgグリップ固定タイプ147×99×145cm805,980円
impulse
アブローバック
約113kgバー固定タイプ104.4×109.4×152cm284,000円
impulse
アブドミナルマシン SIT9534-200
約91kgグリップ固定タイプ119.6×118.9×150.6cm406,000円
ダイコー
アブドミナルクランチ
記載なしショルダー掛けタイプ84×115×86cm140,800円
MATRIX
アブドミナル VERSA
103kgグリップ固定タイプ142×137×168cm902,000円
ノーチラス
EVO アブドミナル
91kgグリップ固定タイプ104×112×137cm1,240,000円
マイキー

マイキー

一つずつ詳しく解説していきます!

impulse アブドミナルマシン SIT9514-200

こちらは、impulseが販売しているアブドミナルマシンです。

約90kgまで重量が設定できる本格マシンで、家庭でもしっかりと負荷をかけて腹筋を鍛えられます。

重りはウエイトスタック式なので、ピンを抜き差しするだけで簡単に重量が変えられるのがうれしいポイント。

ドリンクフォルダーやアイパッド用のスタンドも付いていて、ジムにあるマシンのような感覚でトレーニングに励めます。

シートとパッドのカラーは、赤と黒のどちらかを選べますよ!

そこそこの値段はしますが、機能性の高いマシンを探している方にはおすすめです。

詳細情報
  • メーカー:impulse
  • 耐荷重:約90kg
  • 動作タイプ:グリップ固定タイプ
  • サイズ:134.6×114.8×158.1cm
  • 価格:350,000円

エバニュー アブクランチ

エバニューのアブクランチは、肩付近にあるグリップとパッドで腕を固定し、状態を前に倒して腹筋を鍛えるタイプのマシン。

ウエイトは91kgまで設定でき、筋トレ上級者でもしっかりと負荷をかけられます。

足を置くためのバーなどもあり、全体的に頑丈で機能性の高いつくりです。

重りはウエイトスタック式なので、重量の切り替えが楽に行えるのもうれしい点。

腹筋を鍛えるのに特化したマシンなので、自宅で本格的なマシンを揃えたい人におすすめです。

ただし、つくりも機能性もしっかりしている分、値段はかなり高額なため、予算などもふまえて検討してみるといいでしょう。

詳細情報
  • メカー:エバニュー
  • 耐荷重:約91kg
  • 動作タイプ:グリップ固定タイプ
  • サイズ:147×99×145cm
  • 価格:805,980円

impulse アブローバック

こちらのアブドミナルマシンは、お腹の辺りにあるバーで上半身を固定し、状態を前に倒して腹直筋を鍛えるタイプ。

バーの位置を上にずらして上半身を上向きに反らす動作に変えると、腹筋だけでなく背筋も鍛えられます。

耐荷重はおよそ113kgあるので、負荷レベルも申し分ありません。

ウエイトスタック式で使い勝手がいい割には、値段も30万円以下と安め。

腹筋と背筋の両方を鍛えたい人におすすめのマシンです。

詳細情報
  • メーカー:impulse
  • 耐荷重:約113kg
  • 動作タイプ:バー固定タイプ
  • サイズ:104.4×109.4×152cm
  • 価格:284,000円

impulse アブドミナルマシン SIT9534-200

こちらもimpulseが販売しているアブドミナルマシンです。

腹筋を鍛えるアブドミナルと、背筋を鍛えるバックエクステンションのどちらにも対応しています。

ここまで紹介した他製品と同じくウエイトスタック式なので、重量の切り替えも楽々。

シートやパッドの厚みも十分にあり、自宅でも快適なトレーニングが行えるでしょう。

サイズはやや大きめなので、部屋に設置できるスペースがあるかどうかは事前に要確認です。

詳細情報
  • メーカー:impulse
  • 耐荷重:約91kg
  • 動作タイプ:グリップ固定タイプ
  • サイズ:119.6×118.9×150.6cm
  • 価格:406,000円

ダイコー アブドミナルクランチ

ダイコーのアブドミナルマシンは、油圧シリンダーによって負荷をかける油圧式タイプです。

ショルダーグリップを肩にかけ、体を前に倒して腹筋を鍛えます。

体を起こす動作に変えれば、背筋を鍛えることも可能です。

油圧式マシンは体に急な負荷がかからないので、筋トレ初心者や、安全性を重視する人に向いています。

負荷は10段階で調節できますが、他のマシンに比べると極端に強い負荷はかけられません。

ただ、その分値段は安価なので、とにかくコスパのいいマシンを探している方などにもおすすめです。

詳細情報
  • メーカー:ダイコー
  • 耐荷重:-
  • 動作タイプ:ショルダー掛けタイプ
  • サイズ:84×115×86cm
  • 価格:140,800円

MATRIX アブドミナル VERSA

高性能なトレーニングマシンを数多く販売していることで知られる、MATRIXのアブドミナルマシンです。

大きい背中シートの付いたグリップで固定するタイプで、自宅でもハードなトレーニングができます。

さらに、スタートポジションを3つの位置に変更でき、前後だけでなく左右へのひねりを加えた動作も可能です。

トレーニングの回数やインターバルを表示してくれる、レップカウンター&タイマーも付いており、利便性に優れているのも魅力。

MATRIXのなかではコスパのいいモデルですが、それでも価格は約90万円するので、ジム開業したい人や、業務用マシンにこだわりたい人におすすめです。

詳細情報
  • メーカー:MATRIX
  • 耐荷重:103kg
  • 動作タイプ:グリップ固定タイプ
  • サイズ:142×137×168cm
  • 価格:902,000円

ノーチラス EVO アブドミナル

世界的マシンメーカーのノーチラスが販売するこちらのアブドミナルマシンは、性能やつくりすべてにこだわった本格派。

4バーリンケージというシステムが、体の軸に合わせてスムーズな動きをサポートしてくれます。

背中シート・肩パッド・腕用グリップの付いたマシンなので、使い勝手も抜群です。

可動域をフルに使ったトレーニングができるよう設計されているため、無駄なく効率的に腹筋を鍛えられます。

ただし、定価が120万円を超える高額マシンなので、どちらかというとジムを開業したい方などにおすすめのマシンです。

もし購入する場合は、セール時などを狙ったほうがいいかもしれませんね。

詳細情報
  • メーカー:ノーチラス
  • 耐荷重:91kg
  • 動作タイプ:グリップ固定タイプ
  • サイズ:104×112×137cm
  • 価格:1,240,000円

まとめ

アブドミナルマシンは、主に腹直筋や腹斜筋などを鍛えるためのマシンです。

自重トレーニングに比べるとより安定感を保ちながら、高重量で腹筋に負荷をかけられます。

今回紹介した製品のなかだと、性能とコスパのバランスがいいimpulseのマシンや、筋トレ上級者にも向いているエバニューのマシンなどがおすすめです。

他にもタイプや価格の違うアブドミナルマシンがあるので、自分に最適なマシンを見つけてトレーニングに励んでくださいね!

マイキー

マイキー

腹筋専用マシンを活用して、美しいシックスパックを作りましょう!

関連記事