筋トレグッズ(器具)をまとめました!

チェストプレスマシンのおすすめ5選【安定した軌道で大胸筋を鍛えられる筋トレマシン】

13 min 29 views

この記事は、
・ホームジム用のチェストプレスマシンが欲しいけど、どれを選んでいいのか分からない
・自宅でも安定した軌道で大胸筋を鍛えたい
・本格的な筋トレができるチェストプレスマシンが欲しい
という人に向けて書きました。

チェストプレスマシンとは、主に大胸筋を鍛えるのに特化したトレーニングマシンです。

ほとんどのジムにも設置されていますが、実は自宅で使えるチェストプレスマシンも販売されています。

しかし、自宅用のチェストプレスマシンは軌道タイプやウエイトの種類など、製品によってさまざま。

いざ購入するとなると、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では、チェストプレスマシンを選ぶ際のポイントと、おすすめの商品5選を紹介します。

記事を読めば自分に最適のチェストプレスマシンが見つかるので、ぜひチェックしてみてください!

マイキー

マイキー

本格的に大胸筋を鍛えたい人におすすめの筋トレマシンです!

チェストプレスマシンの選び方

おすすめ商品を紹介する前に、まずはチェストプレスマシンの選び方を解説します。

軌道のタイプで選ぶ

チェストプレスマシンは、腕を伸ばす際の軌道のタイプが主に2種類あります。

1つめは、ベンチプレスと同じように上向きの円軌道を描くタイプです。

ジムなどで見かけるのも、上向きのタイプが多いですよね。

上向きタイプは頭上に向けて軌道を描くため、ベンチプレスと同じフォームでトレーニングしたい人におすすめです。

もう1つのタイプは、腕を伸ばした際に下向きの円軌道を描きます。

下向きに軌道を描くタイプはベンチプレスとは逆の軌道になり、腕立てに近いようなフォームです。

そのため、ベンチプレスと同じフォームで筋トレをしたい方には、下向きの軌道はやや不向き。

一方、下向き軌道タイプはマシンのサイズが小さい傾向にあるので、部屋のスペースが狭い人などは下向きタイプも検討してみるといいかもしれません。

ウエイトの種類を確認しよう

チェストプレスマシンを選ぶときは、ウエイトの種類も確認しておきましょう。

ウエイトの種類は、ウエイトスタック式とプレート式の2種類があります。

ウエイトスタック式はジムでよく見かけるような、長方形のウエイトを積み上げて重量を調節するタイプです。

積み上げるウエイトによっては100kg以上の重量をかけられることも多く、ハードなトレーニングをしたい人に向いています。

ピンを刺すだけで重量が調節でき、使いやすいのもメリットです。

プレート式は、丸いウエイトをバーなどにはめ込んで重さを調節するタイプ。

重量の調節はやや不便ですが、初心者でも扱いやすいというメリットがあります。

使いやすさや設定できる重量などを考慮して、自分に最適なタイプを選ぶといいでしょう。

耐荷重もチェック

チェストプレスマシンを購入するなら、耐荷重も大切なポイントです。

一言に耐荷重といっても、設定できる重要の上限は製品によって異なります。

たとえばプロ向けにつくられているチェストプレス専用マシンなどは、耐久性も高いので耐荷重が100kgを超える製品がほとんど。

しかし、チェストプレス以外の筋トレもできるよう設計されている複合型のマシンなどは、耐荷重が100kg未満の製品もあります。

筋トレ初心者なら軽めの耐荷重でも問題ありませんが、中級者以上になると軽めの耐荷重では十分な負荷をかけられない場合もありますよね。

長期的に使用するなら、自分がどれくらいの重量に設定するかも考慮して、適切な耐荷重のものを選んでください。

チェストプレスマシンのおすすめ5選

それではここから、おすすめのチェストプレスマシン5選を紹介します。

まずは比較表をご覧ください。

商品名軌道タイプウエイトの種類耐荷重サイズ価格(税込)
WILD FIT
トレーニングマシン SL7001
上向きプレート式300kg193.7×137×171.7cm286,000円
WILD FIT
トレーニングマシン IF-8101-250
下向きウエイトスタック式記載なし91.3×126.5×140cm255,200円
BODYMAKER
ホームジムDX
上向きウエイトスタック式記載なし118×138×202cm39,999円
ファイティングロード
ホームジムEX70
上向きウエイトスタック式5~70kg115×135×210cm48,000円
GYMBOPRO
マルチマシン
上向きウエイトスタック式5~70kg118×132×208cm42,300円
マイキー

マイキー

チェストプレスマシンには専用タイプと複合型タイプがあります。
金額差も大きいので、しっかりと比較検討しましょう!

WILD FIT トレーニングマシン SL7001

まず紹介するのは、WILD FITのチェストプレスマシンです。

こちらは市販されているタイプとしては珍しい、チェストプレス専用のマシン。

上向きの円軌道なので、ベンチプレスと同じ軌道で胸トレをしたい方におすすめです。

ジムにも設置できるような本格的な設計で、耐荷重はプロのトレーナーでも十分な300kgあります。

ウエイトはプレートをはめ込むタイプのため、重量の設定が楽なのもうれしいポイントですね。

チェストプレス専用マシンは30万円を軽く超えるものがほとんどですが、こちらのマシンは価格が20万円台と比較的安めに抑えられています。

自宅で本格的なトレーニングをしたい方や、ジム開業したい方など、幅広い層におすすめのマシンといえそうです。

ただし、プロ向けというだけありサイズはかなり大きめなので、自宅で使う場合は設置できるスペースがあるかどうかも確認しておきましょう!

詳細情報
  • メーカー:WILD FIT
  • 軌道タイプ:上向き
  • ウエイトの種類:プレート式
  • 耐荷重:300kg
  • サイズ:193.7×137×171.7cm
  • 価格:286,000円

WILD FIT トレーニングマシン IF-8101-250

こちらもWILD FITが販売している、チェストプレスマシン専用マシンです。

先ほどの製品とは違い、下向き軌道のタイプなので「ベンチプレスと同じ軌道じゃなくても大丈夫」という人におすすめ。

ウエイトスタック式のため、一度組み立ててしまえば重量の調節が楽に行えます。

サイズも上向き稼働のタイプに比べるとやや小さく、省スペースに置きたい場合などに重宝するでしょう。

また、250ポンド(約114kg)のウエイトが付いており、自分で重りを用意する必要がないのもうれしい点です。

もちろん耐久性も高く、ジムで行うような本格的なトレーニング用としても納得の製品ではないでしょうか。

詳細情報
  • メーカー:WILD FIT
  • 軌道タイプ:下向き
  • ウエイトの種類:ウエイトスタック式
  • 耐荷重:-
  • サイズ:91.3×126.5×140cm
  • 価格:255,200円

BODYMAKER ホームジムDX

BODYMAKERのホームジムDXは、さまざまな種目を行える複合タイプのマシン。

チェストプレスやバタフライなど大胸筋を鍛えるメニューをはじめ、背中や腕など全身のトレーニングに対応しています。

重量はウエイトスタック式で、ピンを刺し変えるだけで簡単に重さの調節ができる優れモノです。

購入すると60kg分のウエイトが付いてくるのもうれしいですね!

また、マルチタイプの高機能なマシンながら、価格が約40,000円とトップクラスに安いのも注目ポイント。

機能性とコスパのよさ、両方で納得できるマシンといえます。

チェストプレス専用マシンに比べると耐荷重や設定できる重量などはやや劣りますが、ほかの種目もやりたいなら検討してみてはどうでしょう?

詳細情報
  • メーカー:BODYMAKER
  • 軌道タイプ:上向き
  • ウエイトの種類:ウエイトスタック式
  • 耐荷重:-
  • サイズ:118×138×202cm
  • 価格:39,999円

ファイティングロード ホームジムEX70

ファイティングロードが販売している、複合型のマシンです。

チェストプレス・バタフライ・レッグカールなど、19種類を超えるトレーニングをこの一台で行えます。

重りはウエイトスタック式なので、重量の調節も楽々です。

ウエイトは5~70kgまで調整できるため、初心者が自宅で筋トレをするには十分な耐荷重でしょう。

アンクルストラップ・ワンハンドグリップ・ストレートバーなど、チェストプレス以外の筋トレに使える便利なアイテムも付属しています。

コスパと性能のバランスの取れた製品なので、チェストプレスができる複合型マシンを探している人におすすめです。

詳細情報
  • メーカー:ファイティングロード
  • 軌道タイプ:上向き
  • ウエイトの種類:ウエイトスタック式
  • 耐荷重:5~70kg
  • サイズ:115×135×210cm
  • 価格:48,000円

GYMBOPRO マルチマシン

こちらも多種目のトレーニングができる、複合型のマシン。

チェストプレスはもちろん、フレンチプレス・ラテラルレイズ・レッグエクステンションなど、19種類以上のトレーニングを行えます。

上向き軌道のタイプなので、ベンチプレスと同じフォームで胸を鍛えたい人に最適です。

畳一枚分のスペースに設置できるコンパクトなサイズにも関わらず、耐荷重が70kgある点も魅力。

アームレストやすべり止めマットなど、安全面も考慮されてつくられています。

ベンチプレスで100kg超えの重量を扱う上級者だと物足りなさを感じるかもしれませんが、筋トレ初心者~中級者には十分おすすめできるモデルです。

詳細情報
  • メーカー:GYMBOPRO
  • 軌道タイプ:上向き
  • ウエイトの種類:ウエイトスタック式
  • 耐荷重:5~70kg
  • サイズ:118×132×208cm
  • 価格:42,300円

まとめ

チェストプレスマシンを購入するときは、軌道の向きやウエイトの種類、耐荷重などに注目して選んでみてください。

チェストプレスマシン専用タイプだと、WILD FIT トレーニングマシン SL7001がおすすめです。

複合型タイプを購入したい方は、BODYMAKER ホームジムDXが機能性とコスパのバランスがよくおすすめ。

市販されているチェストプレスマシンはほかにもあるので、ここで紹介した選び方もぜひ参考にして、自分に最適の一台を見つけてくださいね!

マイキー

マイキー

この記事をブックマークした後で、チェストプレスマシンの使用感をトレーニングジムでチェックしてから購入するのもオススメですよ!

関連記事